【検証】70年後の自分を殺したら世界はどうなる?

こんにちは!昨日は忙しくて投稿できませんでしたが、今日ちゃんと投稿するのでセーフということで(笑)。毎日投稿を目標にするならば、時間があるときに蓄えを作っておくのは大事かもしれないけど、書いたら投稿したくなってしまいます。みんなで一斉に問題を解くときとかに、自分が速く解けたらみんなに教えたいタイプの人です。ぐっと我慢ですね。

さて、今日は自分で勝手に作った仮説を自分で勝手に考察してみる、というものをやっていきたいと思います。この遊び、どうしようもなく暇なときにすると結構面白いですよ。今日考えていく議題は

人は100年生きる前提で、タイムマシーンで10歳の自分が70年後の世界で80歳の自分を殺し、成り代わり、170歳までいきた。

というものです。もちろん、私が勝手に設定を作って考えただけなので、そこはご理解よろしくお願いします。

タイムマシーンを使って、未来で変化をもたらした場合、私は二つの仮説を立て、おのおので考えました。

1.「今の自分がしたことは運命的に決まっていることで、10秒前の世界に戻っても同じことが起こる。」

ということです。うまく言葉にできませんが、タイムマシーンがあるということは時空間で1秒前、1分前の世界が存在するわけで今はじめて自分がしたと思っていてもそれはずっと昔から繰り返された事実であるということです。この仮説からすると、170歳まで生きることはあり得ません。なぜならば、70年後の世界に来た10歳の自分(70年後の世界では80歳)は、80歳(70年後の世界では150歳)のときに70年前の10歳の自分に殺されるからです。つまり、自分が殺した70年後の80歳の自分は、70年後の世界では150歳の自分が殺されたということになります。結局長生きをしようともって年を取った自分と若い自分が入れ替わっても自分で自分の寿命を減らしただけになったということになります。

2.「歴史は変わる。10歳の今の自分が未来を変えた。」

この行為によって今までの歴史が変わったという仮説で次は考えていきます。この時、現実世界では70年後に飛んだ10歳の自分は、失踪扱いになるでしょう。突然姿を消して、戻ってこないのですから死んだことにされるでしょう。したがって現実世界の自分は10歳で死んだことになります。つまり、その後、現実世界で10年後に生きている人の中では、0から10歳の人たちは自分の存在を知らないことになります。20年後には0歳から20歳の人が自分のことを知らない。。。。。90年後の現実世界、つまり10歳の自分が成り代わって20年後の世界では0から100歳の人たちが自分のことを知らないことになります。つまり過去の自分を知っている人が誰もいなくなるということになります。結局成り代わって20年で自分は間接的に死んだも同然状態で、新しい自分として人間関係を作らないといけなくないます。凄くつらいですよね。

いかがでしたでしょうか。論理的に落ちている部分が多いかしれません。ただ、こうやって自分で作った設定で考えてみるのもすごく面白いですよ。ぜひ暇すぎるときに試してみてください。

 

 

 



にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です