2018年ドラフト会議注目選手!

こんにちは!明日は何の日か知っていますか。そう、プロ野球ファンならだれもが楽しみに待ち望んだドラフト会議が行われる日なのです。あまり詳しくない人のために簡単に説明すると、プロ野球球団と、アマチュア選手(高校生、大学生、社会人)の契約交渉権を各球団が順番に指名して確定していくイベントのことです。それが明日10月25日木曜日に迫っています。テンションが上がりますね。そこで今回は記録にも残すべく、一つの趣味として注目選手について紹介していこうと思います。

根尾昂(大阪桐蔭高)

右投げ左打ち ポジション:投手、ショート

言わずもがな、今年の一番注目されている選手ですよね。投げては最速150キロ越えの本格派右腕、守っては強肩で堅実なショートの守備をこなし、打っては長打力と広角打法を兼ね備える身体能力の高い高校生。大谷翔平に続く二刀流選手も可能な選手として注目されている。

吉田輝星(金足農業高)

右投げ右打ち ポジション:投手

夏の甲子園で一躍スターになった超高校級右腕。150キロ前後のストレートの威力は抜群で、変化球やフィールディング技術も申し分ない。その抜群の野球センスからドラフト一位は確実視されている。ただ、甲子園での投げ過ぎによる方の消耗、故障の不安は懸念材料。

藤原恭大(大阪桐蔭高)

左投げ左打ち ポジション:外野手(センター)

根尾と並び注目された大阪桐蔭の四番。甲子園で3本のホームランを打つほどの長打力が最大の魅力。4番を打つが、俊足強肩の持ち主で、柳田選手、山田選手のようなトリプルスリーを狙える選手としても期待されている。

小園海斗(報徳学園高)

右投げ左打ち ポジション:ショート

甲子園で一試合3本の2塁打を打つほどの俊足が持ち味。ショートの守備も堅実で評価は高い。根尾の陰に隠れがちだが高校生離れした能力を持つ注目選手。

甲斐野央(東洋大)

右投げ左打ち ポジション:投手

身長185センチの恵まれた長身から投げ下ろすストレートは最速159キロを記録する本格派右腕。さらに切れのあるフォークボールを決め球に持ち、空振りや三振を奪えるのが大きな武器。中継ぎ、抑えとして注目か。

上茶谷大河(東洋大)

右投げ右打ち ポジション:投手

大学時代に一試合20奪三振を記録した本格派右腕。最速152キロの直球と切れのいいスライダーで三振を奪う。しなやかな投球フォームも完成度の高さも評価され、即戦力の先発投手として期待される。

松本航(日本体育大)

右投げ右打ち ポジション:投手

最速150キロのストレートと多彩な変化球を使いこなすバランスの取れたピッチャー。完成度が非常に高く、プロ一年目から新人王の狙える働きが期待される。

辰巳涼介(立命館大)

右投左打ち ポジション:外野手(センター)

今年大学生ナンバーワン外野手。リーグ最多安打記録を更新した安打製造機であり、パンチ力も兼ね備えている。走攻守、三拍子そろった即戦力外野手で、身体能力抜群。

ほかにも注目選手はたくさんいますが、私の特にどの球団に入るのか気になった選手を紹介してみました。誰に何球団が競合するのか気になりますよね。根尾選手が5,6球団競合か?なんて記事もありました。その陰で一本釣りに成功する球団もいるかもしれません。どんな展開が待っているのか、今から待ち遠しいですね。

 



にほんブログ村

2018年ドラフト会議注目選手!」への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です