テレビとYouTubeの関係

こんにちは!普段の生活の中で仕事をする時間と、リフレッシュする娯楽の時間に二つが存在しますよね。多くに人たちに娯楽に時間を与えてきたのはテレビではないでしょうか。ラジオからテレビと主役は移り、今は、テレビとYouTubeの二大巨塔になっていると思います。そんな今ライバル関係にあるテレビとYouTubeの今後の関係について考えていきたいと思います。

 

近年、スマートフォンの普及に伴って、YouTubeという新たなプラットフォームが急成長してきました。YouTuberという職業が新たに生まれ、YouTuber事務所や、動画制作を支援、お手伝いするサポート事業も多く生まれています。すでにYouTubeは多くの人とお金が動くビジネスになっているのです。小学生がなりたい職業ランキングでも上位に食い込むほど認知度、注目度もあります。今現在のテレビとYouTubeの線引きをしてみました。テレビの場合、テレビ局が人を雇い、企業から広告料をもらうことで番組制作費を捻出し、テレビ番組が出来上がります。一方でYouTubeは個人で器具をそろえ、動画を撮り、編集してチャンネルを運営しています。いわば一人テレビ局のようなものです。そして再生数から広告料をもらって生計を立てています。しかし、ここ最近、この線引きでは区別できなくなってきています。それは、YouTubeチャンネルを多くの人で役割を分担して運営する人が多くなってきたからです。一人ですべてをこなすのは厳しいので、動画を撮る人と編集する人のような分業制がとられていることも多いのです。したがってだんだんと、テレビに近づいているような気がします。加えてごく最近ですがいわゆるテレビ側に人間である芸能人がYouTube界に進出してきています。一方でテレビ番組の視聴率は低下傾向にあります。視聴率の低下は番組の録画機能の向上やスマホからでも番組を見れるポータルサイトの普及が影響していることもあるので一概には言えませんが、YouTubeが今生き王に乗っているのは間違いありません。それを無視できなくなっているからこそ、芸能人がYouTubeを利用した企画を作り始めたのですから。テレビでは今の時代あまり攻めた企画ができなくなってしまったのが勢いがない理由なのかもしれません。

 

ここからは私の勝手な想像です。私はテレビ自体はなくならないと思います。なぜなら、ラジオも現在も現役であるからです。ただし、テレビ側がYouTube側に歩み寄った構図になっているのではないかと思います。YouTuber側は分担性が普及しある程度の集団でチャンネルを運営していることが考えられ、テレビ局側はよりYouTubeのファン層を取り込もうと、YouTubeチャンネルをつくって番組を流したり、テレビ側にYouTuberを出演させる、芸情人として扱うようになるのではないかと考えました。

 

ただ、今のYouTubeの立ち位置としては、隙間時間に見るスタンスなので、人の空き時間には限界があり、すでにYouTuberは飽和状態にあるのでここから新規参入するのはかなり厳しいかもしれません。大物YouTuberから隙間時間にあてる時間を奪わないといけなくなるので。今後二つの関係はどう展開していくのか見ものですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です