eスポーツという文化

こんにちは!近年、eスポーツ文化というのが発展してきました。日本ではまだそれほど受け入れられていませんが、海外では賞金を懸けた公式大会が世界各地で行われており、盛り上がっています。韓国ではeスポーツ特区という地域が開発されているほどです。しかし、日本では法律的に賞金付き大会が開けなったりと、eスポーツに対してよくないイメージを持っている人も多いと思います。今回は、お互いの言い分について考えていこうと思います。

 

まず、eスポーツ反対派から考えていきます。こちらの言い分としては、しょせんゲームじゃないか、これのどこがスポーツなのかというところだと思います。ゲームでお金を稼ぐということ人も抵抗がある人が多いのだと思います。そう思う大きな要因は、ゲームに対してよいイメージがないからではないでしょうか。ゲームというのは子供の勉強を阻害するもの、目が悪くなる原因になる、寝不足の要因になるなどがあげられます。また、しょせん娯楽に過ぎないから娯楽でお金を稼ごうなんて甘ったれた考えだと思う人も多いと思います。一方でスポーツは体を動かすため、心身を鍛えられ、健康にも発育にもいい影響を与えてくれるため二つを同じスポーツにくくるのに抵抗を持つ人は多いと思います。

 

一方のeスポーツ支持派について考えていこうと思います。こちらの言い分としてはスポーツと何が違うのかというところです。スポーツはもとはと言えば娯楽であり、そこから卓越した技術を持つ人たちが集められ競い合うプロが生まれてきました。eスポーツも今までは娯楽としてしか見られていなかったが、そこからプロが生まれようとしている。スポーツと同じ道をたどっているということです。また、その分野における技術の高さでファンを魅了することも共通点として挙げられます。スポーツだけを極める人たちは受け入れられるのになぜゲームを極める人たちは受け入れられないのかその違いは何なのかという主張も一理あると思います。

 

今の世界の動きとしてはeスポーツは受け入れられつつあります。アジアオリンピックの公式種目に初めてeスポーツ部門が導入され、世間でも注目を集め始めています。今後、スポーツと同じ扱いをされる時代が来るのか、学校に部活にeスポーツが導入される時代は来るのか、とても興味深いです。どうなっていくのか楽しみに見守っていきたいです。私の考えとしてはeスポーツには賛成です。スポーツに劣らず魅力的であるし、プロのレベルになるには趣味以上の努力が必要になると思うからです。ただ、歴史が浅く、年齢層も低いからこそ、これから世間により受け入れてもらうためには今最前線にいるeスポーツプレイヤーの行動、人となりが大切になると思います。人間的にも魅力的な集団であってほしいなと思います。オリンピックで競う風景を楽しみにしたいですね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です