ポケモンピカブイ、遂に発売。プロコンが使えぬ衝撃。概要から感想まで

いよいよ、本日1116日は任天堂スイッチ版新作ポケモンレッツゴーピカチュウ、イーブイの発売日です。大人気ポケットモンスターシリーズが任天堂スイッチ初登場ということで早くから注目されていました。そんな今作の特徴や、ストーリー、実際にプレイした感想をいち早くお伝えしようと思います。

 

舞台は?出てくるポケモンは?

今作の舞台は初代ポケモンと同じカントー地方です。したがって登場するポケモンも初代がメインなので広い年齢層の人が遊ぶことができます。

 

どんなストーリー展開?ピカチュウとイーブイの違いは?

ゲーム内容は今までのポケットモンスターシリーズと大きく変わりません。ポケモンと新たな出会いを重ね、図鑑を完成させながら、自分のポケモンを強くしていく展開です。最終目標は伝説のポケモンと出会ったり、ポケモンリーグを制覇することです。

 

今回はピカチュウとイーブイの二作が同時発売されますが、その違いはポケモンの出現のしやすさや出会えるポケモンの種類が一部異なることです。大きな違いはこの点だと思います。

 

スイッチオリジナル機能は?

スイッチと言えば一台あればジョイコンを使って二人でプレイできること。そう、今作も二人プレイすると一人がサポートしたり、一匹ずつポケモンに指示することができ、バトルを優位に進めることができます。また、二人で同時にボールを投げることでポケモンを捕まえやすくなります。ポケモンGOと連携してポケモンの交換をすることも可能!もちろん、ローカル、インターネット通信対戦も可能です。

 

そして今作を語るうえで避けては通れないこと、それはスイッチ画面の解像度を利用した超高画質で立体的なポケモンの世界を冒険できることです。ポケモン一匹を見ても繊細に細かく作りこまれており、バトルアクションも迫力満点です。バトルだけでなく映像だけでも楽しめそうです。

 

発売してさっそくプレイしてみた感想

いきなり驚いたのですが、今作はジョイコンを使います。プロコンは使えないのでご注意ください。操作性に特化されたプロコンが使えないゲームというのも衝撃的ですが(笑)。プレイしてみて驚いたのが草むらや高台の再現度が高く見やすさが段違いですね。ただ、前から言われていたように、ポケモンの捕まえる方法がジョイコンを振る操作が必要になるのでやはりプレイする年齢層は若干低めに設定されているようです。言語設定でも漢字とひらがなから選べるので小学生あたりが中心になるかもしれません。一つ、大きな違いがあります。今までのポケモンでは野性のポケモンと出会ったときは、戦うか逃げるか、捕まえたいときは戦ってHPを減らしてからモンスターボールを投げました。しかし、今作はなんと野性のポケモンとは戦いません。ポケモンGOのようにボールを投げるか逃げるかの2択です。ポケモンと戦うのはトレーナーのみになっています。かなりポケモンGOに似せた構成になっているのは知っておいたほうがいいかもしれません。トレーナーと戦う要素を入れた自宅でするポケモンGOのようなイメージです。

 

これから、じっくりとポケモンの世界を楽しみたいと思います。さっと触ってみたところの感想はこんな感じです。ポケモン初代をもう一度やってみたい人、かわいいポケモンの世界の冒険を楽しみたい人はぜひやってみてください。

ポケモンピカブイ、遂に発売。プロコンが使えぬ衝撃。概要から感想まで」への3件のフィードバック

  1. ピンバック: 【速報】ポケモンGO、対人戦ついに導入!最新情報を詳しく。 – momotaro

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です