BTS事件の見解。私が思ったこと

韓国の人気グループBTS(防弾少年団)が原爆Tシャツを着たり、ナチスを連想させるロゴの入った帽子を身に着けるなど話題を呼んでいます。その影響で日本でのミュージックステーションへの出演が取りやめになり賛否両論が飛び交っています。Tシャツ事件に対しては先日、BTS事務所側が謝罪をしました。特別な意味はなかったと弁明しました。身に着けているシャツに影響でのテレビ番組への出演取りやめという処置をとった日本テレビ局には多くの反応がありました。今回は私の意見について各国の反応や言い分を踏まえて述べていこうと思います。

日本の反応
賛成派 無神経すぎる、非常識だ。賢明な判断だと思う。
反対派 自意識過剰すぎ、着たい服を着させてあげてもいいじゃん。

韓国の反応
なぜ日本が被害者面するのかわからない。BTSがかわいそう。

海外の反応
日本韓国の問題ではない。人間性の問題だ。と日本テレビ局を擁護する声が多く出た。

もちろん、韓国でも日本を擁護する声も多くあり、海外でも韓国を擁護する声も多多ありました。どちらが悪いとは言うつもりはないし、事務所が悪気はなったと謝罪し、事なきを得たので良かったのだが、なにより悲しかったのがBTSのMステへの出演が取りやめになったことに激怒したBTSファンの中に原爆というものをあまりにも軽視した発言をする方がおおくいたことです。楽しみにしていた出演がなくなり悲しい、怒りがわく気持ちはわかりますが、だからと言って原爆というものの恐ろしさ、悲しき歴史を軽んじた発言をする理
由にはならないし、あってはなりません。日本の歴史を、その恐ろしさを最も知る日本人は少なくとも被害者の声を代弁していくものでなくてはなりません。多くの反応があった中でこれだけは強く思いました。

韓国側は今回の日本テレビ局の取った行動に対してBTSを擁護し、日本を非難する声が多かった印象です。これに関しては少々疑問に思いました。仮にも日本人アイドルグループが韓国にとっての悲しき出来事を連想するTシャツを着ても同じ考えを持つでしょうか。日本人の私でもそれは良くないと思うでしょう。韓国側も日本をたたくでしょう。アイドル、芸能人にかかわらず同じことが言えるでしょう。相手が嫌な気持ちになる服は着るべきではないし、それが多くに人目に付く立場の者ならなおさらです。自分で着たい服も着れない。か、と反論する方もいるでしょうが、公共の福祉という言葉をご存知でしょうか。自由の権利は人に害の及ばない範囲で保障されているのです。決まりどうのこうの以前に人として相手を思いやることは基本的なことだと思います。
この事件に多くの賛否がありますが、他人事ではないと思います。他人を傷つけるような発言はしていませんか。まずは私自身、自分の行動、発言に慎重にならなければならいと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です