YouTuberはテレビタレントの敵なのか

近年、スマートフォンの普及と発展が進むにつれて、YouTubeという新しいプラットホームが急成長してきました。数年前には想像もしなかったであろう、YouTuberという動画を個人で企画、撮影、編集をしチャンネルを運営する職業が生まれました。この職業一本で生計を立てている専業YouTuberも数多く存在します。YouTubeというのは、利用者からみると、暇つぶしや自分の好きなYouTuberの動画をみるために利用することがほとんどです。調べものに使う人も多いと思います。...これ、何かに似ていませんか?そう、テレビと似たような立ち位置にあるのです。そして、近年テレビの視聴率の平均的な減少、いわゆるテレビ離れの大きな原因の一つだといわれています。そこで今回は、本当にYouTuberはテレビタレントの敵なのか考えていこうと思います。

 

テレビ業界のYouTubeへの捉え方

テレビ番組運営側は広告手段という見方

著しいYouTubeの成長と市場規模の拡大、宣伝効果から多くの芸能人がYouTubeにチャンネルを設立し活動する人が現れました。最近でいうと、女優でモデルの本田翼さんや芸人、キングコングの梶原雄太さんが新規参入して大きな話題を集めました。大手芸能事務所にもYouTube部門が新設されどこも本腰を入れてテレビ業界もYouTube界参入を企画し始めています。競合相手であるはずのテレビ局も番組の宣伝効果を狙って広告やチャンネルを設置しています。つまり、テレビを運営する企業的目線ではYouTubeという新しいプラットホームは自分たちがつくる番組を見てもらうための宣伝に利用しようという考えが見て取れます。

 

テレビ出演者(芸能人)は競合相手という見方

先日のテレビ番組での明石家さんまさんの発言が大きな波紋を呼んでいます。

さんま、YouTuberは“敵”「テレビで頑張ろうという人間は…」

芸能人の多くはテレビに愛着があり、何とか視聴率を上げたい、多くの人にテレビを見てほしいという気持ちを持っているようです。だからこそ、テレビ離れが進んでいる大きな原因といわれているYouTubeを敵視しているのだと思います。その気持ちがテレビ側にいたキングコングの梶原さんがYouTube界に参入したことに対する発言に表れていたと思います。

本当にYouTubeはテレビ離れの原因になりうるのか

データから検証してみる

YouTube市場規模推移

YouTube市場規模グラフ

引用サイト

JPC. Movie section

テレビ平均視聴率推移

テレビ平均視聴率推移.gif

引用サイト

テレビの視聴時間は若年層で減少中、高齢者はほとんど変わらず(2016年)(最新)

確かにYouTubeの普及とテレビの視聴率の減少には一定の関係があるといってもいいと思います。グラフを見てもYouTubeのサービスが始まった2010年から市場が拡大するにつれてテレビ視聴時間も減少傾向にあります。しかも単調減少しているので、秘境を及ぼしていると言い切っても過言ではないと思います。では、加速するテレビ離れの原因はそれだけでしょうか。

生活習慣や録画機能、無料動画サイトポータルの普及

近年の生活習慣では野外活動時間が大幅に遅くなっていると思うます。学生でいえば塾や習い事に夜まで通う人も多くなりましたし、社会人でも夜遅くまで残業している人も多いと思います。サービス業の充実により夜遅くまで外で遊ぶ人も増えました。したがって、そもそもゴールデンタイムといわれる時間帯でさえ、家にいなかったり、忙しくて見る時間がない人が多いのだと思います。だからこそ、空き時間にどこでも手軽に見れるYouTubeなどの需要が高いと考えられます。また、リアルタイムではなくても録画機能や無料動画サイトを利用してみたい番組が見れてしまうことも視聴率低下にエおい供していると思います。必ずしもだけテレビ離れはYouTubeだけが原因ではないと思います。

 

私の感想

私的には、敵視するも同業者と思うも利用するも人それぞれでいいと思います。ただ、テレビ離れの原因は科学の発展と時代の変化によるものが大きいと私は思います。だから、そこまでYouTuberを敵対視する必要もないのかな、仲良く両者とも盛り上げていく方向を探っていけばいいのかなと思います。また、芸能人の中にもYouTuberに興味を持ったり、肯定的な考えを持つ方々も多くいると思います。実際に見た番組の中にもそういった方は多くいました。これから、どういった関係を作り上げていくのか、形を変えていくのか楽しみです。

YouTuberはテレビタレントの敵なのか」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です