無料タクシーが実現?高まる期待!

タクシー業界にもたらす革新

多種多様な交通機関

技術の発展に伴い、移動時間が大幅に短縮されてきました。現在の主な移動手段には自動車、徒歩、自転車、鉄道(新幹線、電車、地下鉄)、バス、飛行機、タクシーと様々な選択肢があります。そんな中から私たちは場所、かかる時間とコストを考えて移動する手段を決めます。東京などの大都市に住んでいる人はバスや電車が発達しているので自動車を使う人は少ないと思いますが、一方で地方に住む人は交通網が発達していないところも多いので、自動車を利用する人が多いです。そんな中で、タクシーを利用するには抵抗がある人が多いのではないでしょうか。イメージとして、タクシーはお金がかかるのでそれなら時間がかかってもバスと徒歩で行こうと考える人も多いと思います。近場ならまだしも少し距離があると料金が膨れ上がります。

ただ、料金がやすかったらこれほど便利な交通機関はないと思います。自分の目的地まで走行してもらえるのですから。その間、周りの目を気にすることなく自由に過ごすことができます。そんなタクシー業界に革命を起こすサービスをDeNAが発表しました。

 

革新的なゼロ円タクシー

タクシー全面が広告でラッピングされ、運行中は企業の広告が流れます。企業側がこのような広告費としてタクシー側に資金を出し、その資金を利用してタクシーを運行することでゼロ円タクシーが実現します。形式としては、利用者が無料で乗れるというよりもタクシー代を企業側が広告費という形で負担する仕組みを取ります。今回は日清食品がスポンサーになり、東京23区内のみで50台を運行するそうです。スマホアプリから乗車したい時間、場所を指定すると、近くにいるタクシーを呼ぶこともできます。ゼロ円タクシー.PNG

移動手段の提供は今後激戦区に?

MaaS時代

自動車産業が発展して来たこれまで、自分の自動車をもつ、ということは一つの憧れ、目標とされる見方が多かった中、最近はマイカーを持たず必要な時にお金を払って車を借りるカーシェアリングや自動運転を利用した無人タクシーといったものを利用する、MaaS時代が来るだろうと想定されています。

自動車を持つにも車自体が高く、車検や駐車場の確保など維持費に多くのお金がかかります。ならば、必要な時だけ車をレンタルすればいいよね、となります。したがって将来、自動車産業はサービス業としての新しいビジネスモデルを探索していく必要性に迫られています。

MaaS時代とは

高まる期待

このような時代の流れと、AIの発達によって交通機関のサービス業の市場が今後活発になっていくことが既に予想されています。そんな中の一つの形として今回のゼロ円タクシーがあります。この商売構造は今のトレンドでもあります。いわば、スマホ無料ゲームやテレビ、YouTubeの営業システムと形は同じです。これらのサービスは利用者さんは広告を見る代わりにサービスを無料で利用できます。企業は広告を流すためにサービス提供者に広告費を払います。サービス提供者はその広告費をもらうことで利益を上げるというビジネスモデルです。需要と供給の三角関係が成立して初めて成り立ちます。

このモデルが今後もほかの分野で取り入れられると利用者は無償でサービスが利用できるので期待しちゃいますよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です