ドラクエビルダーズ2発売開始!本作の魅力と新要素を徹底紹介

待望のドラクエビルダーズ続編!

ドラクエビルダーズシリーズ

第一作となる「ドラクエビルダーズ」を2018年3月1日に発売を開始しました。長年愛されてきた大人気コンテンツ「ドラゴンクエスト」の世界で新たにクラフト要素が加わったブロックメイクRPGゲーム。簡単に言うとマインクラフトとドラゴンクエストが合体したゲームといったところでしょうか。ドラゴンクエスト従来の冒険と共に、モンスターを倒すことで素材を手に入れ、自分の本拠地広げていく国造りゲームを楽しめるという、もはや最強のゲームシリーズです。今回の新作はそんな「ドラクエビルダーズ」の続編を展開します。正式名称は「ドラゴンクエストビルダーズ2~破壊神シドーとからっぽの島~」。対応機種は前作同様、任天堂スイッチとプレイステーション4となり、片方しかもっていない方でも楽しむことができます。

 

ドラクエビルダーズ2詳細

基本プレイ人数は一人。マルチプレイの最大プレイ可能人数は4人で、各一人ずつ本体とソフトが必要となります。したがって一つのソフトで複数人でゲームを楽しむことはできません。ソフト料金は7800円+税となります。

 

 

ストーリー・newアイテム

ストーリー

ドラゴンクエストⅡに登場した破壊神シドーが本作に登場。本作はそんな破壊神シドーが勇者3人の手により倒された後の世界を描きます。シドーを倒し、平和が訪れたかに思われたが、新たな世界破壊をもくろむ敵「ハーゴン教団」が登場。彼らにより荒れ果ててしまった世界をどう救っていくのか、世界の行く末は主人公の手にゆだねられた。最初は僧物も植物も何もない無人島からスタートする。この無人島を本拠地に、資源、食べ物、仲間を集めながら本拠地を開拓していく。主人公たちの向かう目的としては、技術や文化を発展させていき、集めた大勢の住民でハーゴン教団の大軍を倒すための兵器をつくること。これらを完成させれば次は本作の最大の戦い、ハーゴン教団が待っている。

 

 

新アクションで動作が快適に

設計図

設計図を描くと住民たちが勝手に村を作ってくれる。

 

水の表現も多彩に

水中でも潜ることが可能!より様々なエリアを探索できる。また、滝を表現することが可能になり、自分の村をより神秘的にかっこよくすることもできる。

 

移動が素早く

通常の移動時でもダッシュを使えばより早く走ることができる。マントを持って飛び降りれば、空を飛ぶことも。

建築中、二階、三階とわざわざ会談を使わなくても、動く足場を使えば自分が行きたいところに高さも関係なく自由自在に移動が可能。トランポリンを使えば何階でも大ジャンプでひとっとび。

 

道具の使用で効率アップ

村の建築には、ブロックを列ごとにまとめて設置可能なので簡単で素早く思いのままにデザインができる。また、立方体のブロックしかないと思われがちだが、削ることで様々な形に変形させることもできる。

 

マルチプレイ

インターネットを通じて離れた友達とも最大4人まで同時プレイが可能になる。一緒にモノづくりを楽しむもよし、探索を楽しむもよし、楽しみ方は無限大。自分の友達に一からデザインした村を見てもらうことはモチベーションにもなり、ほかの人達はどんな造りをしているのかを参考にすることもできます。

 

 

最後に

私は、国造りゲームが大好きなのでとても期待していました。待望の続編、楽しい要素しかありませんね。マインクラフトとドラクエが好きな人は当たり前、クラクラなどの国造りゲーム好き、RPGゲーム好きはぜひ一度プレイしてみてほしいです。最高のひと時を楽しみましょう。

 

公式ホームページリンクはこちらから

ドラクエビルダーズ2公式ホームページ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です