【不思議】zozo前沢社長、1億円お年玉としてばらまくも、300億円稼いでしまう

zozo前沢社長のお年玉企画

zozotown

今莫大な人気を誇るファッション通販zozotown。なぜそれほどまでに人気なのか。服なんてどこで何買っても変わらない、そう思っている私からすると理解できないところもありますが、手に入りにくいブランドものが簡単に購入できることから多くの顧客を引き付けているようです。ネットが普及した今の時代、amazonや楽天などネット通販の強豪も多いなかで多くの人を引き付けるだけの魅力がそこにあるのだろう、と思います。

そんな今を時めく企業ですが、どうやら”プロ野球球団を持ちたいらしい”、そんな噂があるそうです。プロ野球好きからするとうれしい限りですよ。しかし12球団で身売りする企業が出るか、球団を増やすかしないと実現は難しそうです。残念...。

前沢友作社長

このzozotownの社長こそが今話題の尽きることない前沢友作さんです。最近では女優の剛力彩芽さんとの交際やそのsnsで注目を集め、二人で月へ旅行へ行くと発表するなど次々と私たちを驚かせてくれます。本当に面白い社長だなと。

そして新年早々・・・

100万円現金プレゼント企画

1月5日、前沢友作社長の公式ツイッターから次のようなツイートが公開されました。

さすが、勢いのある企業の社長はやることがでかい。企画の内容は、

前沢友作社長のツイッターをフォローし、上のツイートをリツイートすると、この2つの条件を満たす人の中から抽選で100名に100万円を現金でプレゼントする

という、正月ならではのお年玉企画。公開されるやすぐにフォローアンドリツイート祭り。彼のツイッターフォロー数は日本人1位の有吉さんに次ぐ2位にまで躍り出て、リツイート数は世界記録を更新したそうです。すごい勢いですね。

この企画は日ごろのお礼として社長自らのお金で個人的に行ったもので

1億円ばらまいて300億円を結果的に稼ぐことに

この企画は日ごろのお礼として社長自らのお金で個人的に行ったもので、企業とは関係ありません。しかし、さすがのインフルエンサーとしての影響力も計り知れません。正月のネットの話題を独占し、さらにはあのNHKでもニュース番組で放送されたそうです。1億円でものすごい宣伝効果を生むことになったのです。

爆上がりする企業の株

企画発表の前日、zozotownの平均株価は1,888円。そこから企画が発表されると株価は急上昇。9日で株価は2,209円。どの企業も軒並み株価を下げている現在の株式市場では異例の展開です。前沢社長はzozotownの自社株を1億1,122万株保有しています。したがって前沢社長はこのキャンペーンで上げた株価321円により約321×1億円=321億円稼いだことになる。もちろん、変動する株の資産であるため今もなお、その資産は増えたり下がったりしていますが、実際に事実としてこの企画は投資家たちの期待を集めることに成功したということになります。

感想

今回の企画は賛否両論ありますが、私はすごくいいなと、面白い人だな、とますます彼への興味がわきました。彼はこの1億円放出企画についてのちにこう発言しています。

その通りだと思いました。お金持ちの人がお金を貯金して使わないより、どんどん使って社会に還元すれば経済が周り景気も良くなるでしょう。今回の企画で誰一人として損する人はいませんし、抽選に当たらなくてもそういったドキドキ感、非日常を無料で味わうことができたのだからいいじゃないですか。目くじら立てる必要はないと思います。

そして、お金持ちの人を嫌う人がいますがそれはお門違いな気がします。剛力さんの件もそうですが「やっぱり金かよ」と発言する人がいますがそれは資本主義の日本ではナンセンスです。競争社会であり、成功した人がお金を得る社会のシステムからして金持ちを嫌うこと自体おかしな話です。社長として今までとは違うことをして成功した人がお金を持つし、それだけ大きな企業になったのだから周りに優れた仲間もいらっしゃるでしょう。そういった優れた人たちをも引き付ける人格者でもあるはずです。お金を持っているから人が集まるのではなく、優れた人格者だから人もお金も集まってくるのだと思います。今回の件もそういった面白い人柄が結果的に株価を上げることになりましたし。

私もこれからも彼の次にどんなことをしてくれるのか楽しみに待ちたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です