【衝撃】嵐、2020年限りで活動休止を発表!その理由は?5人のその後の活動内容は?

人気アイドルグループ「嵐」活動休止

概要

ジャニーズの5人組人気グループ・嵐が26日、2020年12月31日をもってグループ活動を休止することを電撃発表した。有料ファンクラブサイトに、5人の動画メッセージを投稿し報告した。

動画で大野智(38)は「2020年という区切りで一度、嵐をたたみ、5人それぞれの道を歩んでもいいのではないか。何度も話し合った結果、結論に至りました」、二宮和也(35)は「2020年の最後の最後まで嵐らしく過ごしていける様、これから5人で頑張っていきます」と報告した。

昨年末には、当初予定していた今月13日の京セラドーム大阪公演まで5大ドーム18公演に加え、4月から12月25日までトータル動員237万5000人を見込む全50公演を行うことを発表したばかり。動員数、ドーム公演数ともに日本音楽史上最多。5人はツアー全貌を発表する際に報道陣の取材に応じ、松本は「理想を言うと(ファン)全員に見て欲しい」と思いを明かしていた。

引用:スポーツ報知

 

解散理由

「2020年を区切りに、それぞれ別の道を進んでもいいのではないか。」という心の内をリーダー大野が有料ファンサイトの動画内で発表。つまり、嵐5人での芸能活動を休止し、それぞれが自分のしたい活動に専念するということだろう。

現在嵐5人がもつテレビ番組は「嵐にしやがれ」「VS嵐」。ほかにも日本郵便などのCMも大手企業と契約中。これら5人で出演する番組をはじめ、コンサートや嵐としての音楽番組への出演が見られるのは2020年限りとなりそうだ。

 

今後の展開の予想

櫻井翔

現在NEWSゼロのキャスターや有吉・櫻井the夜会などソロ活動も充実している。おそらく嵐としての活動休止後もキャスターやMCとして芸能活動を続けていくと予想される。

 

松本潤

こちらは俳優として活動を続けるのでは、と予想される。99.9や花より団子など、嵐5人の中でも視聴率をもっとも稼げ、代表作を多く持っている。

 

大野智

彼の今後の活動が最も不透明で予測しにくい。単独で持っているテレビ番組はなく、俳優としての評判も悪くないが、とびぬけた数字を出した実績もない。ただ絵画やダンス、ジャニーズ1の歌声の持ち主でもなるので進む道はいくらでもだろう。私としてはソロ歌手として活動をしてほしいですね。あの歌声は個人でも十分やっていけると思う。

 

二宮和也

俳優で間違いないでしょう。彼の演技力は誰もが認めるほど圧巻。硫黄島からの手紙でハリウッドデビューを果たしており、そこでアカデミー賞も獲得。世界が認める名俳優だ。今後は俳優として本格的に活動すると考えられる。

 

相葉雅紀

志村動物園など数々のバラエティー番組にソロで出演。天真爛漫な飾らない人格がバラエティー界で人気。今後もバラエティー番組を中心に活動していくのではと考えられる。

 

ただ、このようにおのおの芸能界で活動するなら、嵐としての活動をしながらでもよかったのでは、と思ってしまう。5人のうち、誰かが芸能界から距離を取ったり、もしくは海外へ進出などの道を選択する人がいるかもしれない。今後の発表や展開が気になるところ。

 

最後に

SMAPの解散後、国民を代表するアイドルグループとして芸能界を引っ張ってきて、今後もその役割を期待されていただけに今回の発表はすこしさみしいですね。紅白の司会やとりを任されるなど抜群の人気を誇った彼ら5人そろった活動が見られるのはあと2年ということになりそうです。東京オリンピックが彼らの最後の大仕事になるのでしょうか。解散まで、そして解散後も彼らの活動を応援しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です