【必見】まもなくプロ野球キャンプイン!各球団の注目選手、見どころを紹介

プロ野球キャンプ

毎年2月1日から各球団が宮崎や沖縄にキャンプを張り、シーズンに向けてスキルアップを目指します。このキャンプでの頑張りがチームの順位や選手の成績を大きく左右するといっても過言ではないでしょう。今年も間もなく全球団一斉にキャンプが始まります。そこで今回は各球団の注目選手や見どころを紹介しようと思います。

セリーグ

広島

去年のセリーグ覇者であり、4連覇を目指して挑む今シーズン。主力選手だった丸選手が巨人へ移籍したため開いたセンターのポジション競争が注目を集めそう。最有力は去年ブレイクし、更なる飛躍を求められる野間選手。そして巨人から補償選手として広島に移籍した長野選手。まだまだ一線で戦える力もあり、また若い生え抜き選手がおおい広島でベテランの外様選手がどう溶け込んでいくのかも注目。ほかにも昨年のドラ1、中村捕手や今年のドラ1、小園選手と期待の若手がたくさん。ケガなくキャンプを完走できるか注目だ。

 

ヤクルト

1昨年最下位からの昨年2位へと急上昇したセリーグの台風の目。今年はどうなるのか、動向がどの球団も気になるところだろう。やはり注目は山田選手。史上初の3回目のトリプルスリーを達成し、1昨年の不調から完全復活を果たした。今年はトリプルスリーに加え、どこまで成績を伸ばせるか、タイトル争いも注目。また、昨年のドラ1、村上捕手やけがからの復活を狙う寺島投手の仕上がり具合にも期待したい。

 

巨人

昨年は何とかAクラスに入ったが、優勝からかなり遠ざかっていることから、昨年オフは大胆な改革を行った。まず高橋監督から、3度目の登板となる原監督にチェンジ。補強も、丸選手、岩隈選手、中島選手、炭谷選手と名だたる選手を獲得。新しい顔がたくさん見られるので巨人のキャンプは楽しくなりそうだ。坂本選手、菅野選手、岡本選手といった主力選手とどんな会話をするのか気になるところ。

 

DeNA

目立った補強はなかったが昨年は投手の相次ぐケガに泣かされた。左腕王国といわれた「今永、石田、東、浜口」の若手4選手の出来が今年もカギを握りそう。特にケガに苦しんだ浜口投手の状態が気になるところ。また侍ジャパンの4番筒香選手の状態も要チェック。投手層は抜群という下馬評もあるので、ケガをすることなくパワーアップを測るキャンプにしたいところ。

 

中日

近年低迷が続く中、少しずつ若手が育ってきている。投手では侍ジャパンに選出された笠原投手、野手では高橋選手のブレイクに期待。そして松坂投手に加えて根尾選手というスター候補が入団。根尾選手がどこまでキャンプについていけるか、アピールできるかに注目だ。また彼のまじめな性格からどんな会話をチームメイトとするのかも興味深いところ。

 

阪神

矢野新監督を迎え、Aクラス復帰を目指す今シーズンはすでに補強で戦力アップに成功。中日から昨年13勝を挙げたガルシア投手、オリックスから長年結果を出してきた西投手を獲得。彼らに加え、ベテランの福留、糸井、能見選手らに頼っている現状から脱却するための若手、北條や高山、藤浪に期待。

 

パリーグ

西武

圧倒的な打撃力で優勝を果たしたライオンズだが、今オフに主力選手が2人も流出。エース菊池投手と3番浅村の穴はかなり大きくなりそう。この二人の穴をどう埋めるかが最大のポイント。今年のドラフトで獲得した松本航選手に期待したい。また捕手として1年間守った森捕手のさらなる成長が見どころ。近年では少なくなってしまった打てる捕手として東京オリンピックの正捕手候補の筆頭とみられるだけに期待は大きい。

 

ソフトバンク

ペナントレース2位からの日本1を達成。その選手層は12球団1位の呼び声高い。圧倒的なパワーをもつ柳田選手の3冠王+盗塁王ができる唯一の選手といえるだけに日本最強野手の動向は注目。また田中、高橋両ドラ1右腕の成長に注目。フォームを崩したり、ケガをしたりで苦しんでいる。キャンプでどこまでできるのか見ていきたい。

 

日本ハム

昨年の清宮選手に続き今年は吉田投手を獲得。高校生スター選手を多く引き当ててきて、その育成力も抜群。彼らがどこまでスケールの大きい選手になるのか目が離せない。また、オリックスのエース金子投手を獲得。7色の変化球を使いこなす元沢村賞投手が北の大地に降臨する。

 

オリックス

二本柱金子、西両投手が他球団へ移籍。戦力ダウンは必至だが、彼らに代わる選手の誕生を楽しみたいところ。和製大砲吉田選手がホームラン競争をできるまで成長すると面白い打線になる。またリリーフ陣は盤石なのでそこにつなぐ先発の頭数をそろえることが課題になりそう。

 

ロッテ

パリーグの中で最も伸びしろの大きいチームだろう。近年のドラフトで有望な野手を獲得してきた。平沢野手、安田野手、そして今年大阪桐蔭から藤原外野手が入団。ポジションもかぶらず、彼らが一線で戦えるようになるとその打線の破壊力は計り知れない。今後の彼ら成とチームの成長が楽しみだ。

 

楽天

平石新監督のもと最下位からの巻き返しを図る。ドラフトでは外れ1位で大学生ナンバーワン外野手辰巳を引き当てた。彼が即戦力でどんな成績を残すのか、体力などキャンプでの内容が気になるところ。また茂木選手の復活に期待。長打力のあるスケールの大きい遊撃手だけに松井稼頭央級のスターになってほしい。

 

最後に

広島や日本ハムの影響により高校生野手の育成ブームが巻き起こっている。今年のドラフトがなによりその表れだろう。各球団が獲得した有望な若手の育成が今後のチームを大きく変えることになるだろう。その流れに逆らうように他球団から乱獲した巨人がそうなるのかも見どころだ。若手の成長、主力選手の調整具合、新外国人の当たりはずれ、いろいろな角度から自分のひいきのチームやその他のチームのキャンプを見ると面白いですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です