小中学校でスマホ・携帯の持ち込み可否の見直し!どうなる、学校教育。

学校へのスマホ持ち込み

小中学と高校大学

「携帯電話」今はスマートフォンが大部分を占めていますが、これは小中学校までは学校への持ち込みが禁止されています。当然ご存知だと思います。携帯電話、特にスマホは連絡手段としてだけでなく、ゲーム、SNSなどその用途は多岐にわたります。学問に支障をきたす恐れがあることからその持ち込みは禁止されてきました。もはや当たり前のようにさえ思っていました。一方で義務教育が終了する高校大学、専門学校になると、その持ち込みが許されます。大きな要因としては、義務教育ではないので勉強するもしないも本人の責任である、ということ、そして高校生にもなれば自分で勉強するときと遊ぶ時の区別ぐらいできるだろ、という年齢的なことでしょう。

 

文部科学省が小中学へのスマホ持ち込みを検討

しかし、文部科学省が小中学校へのスマホの持ち込みを認めることを検討していることが明らかになりました。理由としては、「スマホの高い所持率、災害時の連絡手段としての有用性」が挙げられています。

賛否両論あると思います。もちろん、スマホを持ち歩けるメリットもたくさんあれば、デメリットもたくさん存在します。

 

スマホが学生に与える影響

メリット

私が一番感じるのは、親との連絡が取りやすくなることです。おもに中学校の話ですが、お迎え、緊急時に親との連絡がすぐにそして簡単にできます。スマホの持ち込みが禁止されているので、中学生の親との連絡を取る手段が公衆電話しかなかったので、緊急時は特に公衆電話が大行列にになり、なかなか親と連絡が取れないことがありました。そういった問題が簡単に解決できることが最大のメリットとなるでしょう。また、通学中の安全確認がしやすくなるなど、勉強面以外では有意義な変更になるかもしれません。

デメリット

ご存知の通り、勉学への影響が最大の懸念点です。今のスマホは一台あればなんでもできます。連絡だけでなくゲーム、SNS、ネットサーフィンなど学生の勉学への気をそらすものであふれています。手元に持っているだけで、あれやりたい、これやりたい、という誘惑が襲ってくるのがスマホというものです。このスマホが放つ邪気にいまの高校生の多くも苦しんでいるのではないでしょうか。私も大変苦しみました(笑)。ただ、高校生にもなると授業中に触る人はそれほどいなかったです。小中学生が持った時に授業中、そして放課後、うまく切り替えさせることができるのか、そこに配慮した規則作りが今後の論点になりそうです。

スマホの使い方も指導できる?

ただ、うまく小中学生をスマホと勉学で区別させる指導ができれば、その後の高校以降で好影響をもたらすかもしれません。今まではスマホの使い方、区別の仕方をしつけされず、いきなり高校生から自由に使えるようになったので、スマホにのめりこむ人が多かったです。ですが、小中学校からその使い方をうまくしつけることができれば、高校へと進学してからも勉強とうまく区別しながらスマホを扱えるようになるかもしれないので、そこは大きな可能性を秘めているのでは、と期待してしまいます。

 

終わりに

どんなに所持率が高くても、持っている人ともっていない人が出てきます。若い時にそうした違いがあるとよくない方向に行きがちです。また外で遊ばず、休み時間もスマホ、とならないか、友達との会話がスマホを仲介したものにならないか、など懸念点はたくさんあります。おそらく高校までのように授業時間以外使えるというよりは、始業時間から就業時間までは特別な許可なしには使えない、というような規制の仕方になると考えられます。その規制を果たして生徒がちゃんと守って授業を真剣に受けれるのか、心配なところはそこでしょう。賛否両論あると思いますが、さらに先生たちの頭を悩ます問題になりそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です