PS4をiPhoneでプレイ可能に!ゲーム機とスマホの共存が実現

PS4の最新アップデート内容

PS4をiOS端末で遠隔操作可能に

今回の最新アップデートによってiphoneやipadなどのアップルが手掛けるiOS端末とPS4を各家庭のwifiで結ぶことでリモートプレイが可能になることが発表されました。

スマートフォンでのリモートプレイはこれが初ではなく、すでにアンドロイド端末では可能となっており、今回iOSのインストールされたスマートフォンなどのタブレット端末にも対応したことになります。これにより、ほぼすべての端末によりPS4の遠隔操作が可能になります。

 

できること

PS4でできることすべてが自分の手元のスマホで利用可能になります。もちろんゲームタイトルもすべてです。

ボタンは?コントローラも本体もないのに?

画面上にボタンをすべて表示させることで実現しています。コントローラのほうが操作性は高いと思いますが、激しいアクションゲームでなければストーリー系など、楽しめる分野は幅広いと思います。3次元についているボタンたちが2次元の平面に共存するので不思議な感覚になるかも。

Wi-FiにPS4をつなぐことで、実際に手元になくてもインターネットを経由して実際にスマホ内でデータを共有しながらプレイができるので今はやりのIoTを利用したシステムですね。

 

任天堂スイッチへの対抗手段?

家庭用ゲーム機の覇権を争ってきた任天堂が出した新作のプラットフォームが、家でも外でもゲームをできる据え置き型ゲーム機任天堂スイッチ。このうたい文句的な大きなメリットが、持ち運んで遊べる備えつけゲーム機であること。その特徴をモバイル端末とアカウントを紐づけることで実現したのがプレイステーション4です。ゲーム機自体を持ち歩く必要はなく、誰もが持っているスマホでできることが最大のメリットです。

 

今後の任天堂とSONYのスマホ戦略

スマホ内のモバイルゲーム市場も無視できない規模となり、任天堂やSONYも進出を測っています。任天堂ならどうぶつの森やポケモンGO、来年にはマリオカートツアーを発売するなど、スマホゲームとしての開発も進めています。SONYは、スマホでPS4のゲームができるように戦略をしてきました。アプローチの異なる二社が今後、どうスマホ界の開拓を進めていくのか気になるところです。ただ、私個人の意見としては、コントローラありきで開発されたソフトをスマホでプレイするより、作品数は少なくてもスマホでプレイしやすいようにデザインされた任天堂のスマホ専用アプリゲームのほうがプレイしやすく、たくさん利用するか、と思います。ただ、今回のアップデートにより、ますます便利になるのは間違いないですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です