東宝シネマズが映画料金値上げ。しかし学生料金は変更なし!

東宝シネマズの鑑賞料金値上げ

概要

映画製作会社最王手のTOHOシネマズが3月18日に映画鑑賞料金を値上げすることを発表しました。新しい料金に変更されるのは6月1日。気になる料金については一般鑑賞料金が1800円から1900円へと100円の値上げ。同様にシニア、ファーストデイやレディースデイの特別料金も1100円から1200円へ、夫婦50割引きは2200から2400円に。一般料金はほぼすべて一人あたり100円の値上げが行われたけど...。

なんと学生料金、レイトショー料金は値上げなしの1000円で実施されます!自分であまり稼げない学生にはたかが100円でも大きな100円ですよね。

 

 

値上げの原因

値上げを行う理由としては東宝シネマズから

「弊社では、デジタル映写機や自動券売機等の導入による運営の効率化を図るとともに、映画をより多くのお客様にお届けし楽しんでいただくために新規出店や鑑賞環境の改善などに努めて参りました。しかしながら、アルバイト人件費を中心とした運営コストの上昇や各種設備投資への負担増により、企業努力だけではこれらの吸収は極めて困難であると判断し、鑑賞料金を改定させていただきます。今後も更なる企業努力により、お客様にご満足いただけるようサービスの向上に努めて参りますので、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます」。

という説明がされました。要するに映画館を運営するための人件費、設備投資の負担が重なり、現状では映画館の維持が困難と判断したため、ということです。最近はチケットを券売機を導入して無人で購入するシステムを導入して人件費、人手不足解消を試みていました。その設備投資も大きかったようですね。

ただ、大きく値段が変更されるわけでもなく、一人100円程度なので、利用客が激減、とはまずならないと思いますけどね。

4月以降、各社大手企業が値上げを発表しています。人手不足による人件費の上昇が大きいようです。それに加えて、消費税も4月から上がります。物価が高くなってきてつらい所も多いですが、ちょっとした東宝シネマズのやさしさも見つけました。

 

東宝のやさしさが垣間見える発表

「値上げ」と聞くとやはりよく思いはしませんよね。映画まで値上げかよ、と思った人も多いのではないでしょうか。私も最初は思いました。

が発表されたコメントを見ると、本当に悩んで悩んで苦渋の決断をして値上げをしたんだ、と思えて別にいいか、と思ったんです。それが

  • 学生料金は値上げなし

お金をあまり持っていない学生にもできるだけ負担にならず気軽に楽しんでもらえるように、との配慮ですかね。もともと学生は1000円と格安で楽しめるうえに、値上げの対象にもなりませんでした。100円でもうれしいですよね。

  • 値上げは10連休のGW明けた6月から

値上げと聞くと4月からかな?と思ったのですが、みてみると6月からのようです。どうしてか、と考えると5月に何かあるかな...GWだ!!今年のゴールデンウィークは10連休で、遊ぶ計画を立てている人もたくさんいるのではないですか?楽しみですよね~。そんなせっかくの大型連休が終わるまでは値上げはまってくれるこのやさしさ。みなさん、ぜひGWは映画を存分に楽しみましょう!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です