Googleがゲーム業界参入!気になるStadiaの詳細を徹底紹介。

Googleがゲーム業界に参入!

Stadia

通信業界の最先端を行く天下のGoogle様がこの度、新たなゲームプラットフォームの開発を手掛けていることを発表しました。その新サービスの名称は「Stadia」。このサービスはゲーム!なのですが...ゲーム専用ハードが必要ありません。ゲームというと現在は任天堂スイッチやPS4などのような専用ゲーム機を必要とするものと、スマホゲームのようなソーシャルゲームの二つが主にゲーム市場の大半を占めています。ところがStadiaはこのどちらにも当てはまりません。パソコン、スマホ、テレビなどネット環境があり、Chromeの使えるモニターがあればいつでもどこでも何を使ってもStadiaを楽しむことができます。いままでの常識を塗り替えてきたこちらのサービスの詳細をさらに詳しく説明していきます。

GoogleのStadia公式が発表した映像です。かっこいいですね~。

Stadiaの利用に必要なもの

先ほども述べた通り専用のハードを買う必要はありません。お金がかからなくて、学生や高くて買えないひとたちも楽しめるものとなっています。

パソコンはどのOS(Windows、macOS、Linux, Chrome OS)であってもブラウザのGoogle Chromeを通じて遊べ、Chromecast Ultraを挿すことでテレビでもプレイできます。Pixel Slateなどのタブレットや、Pixel 3といったスマホも対応。

Googleアカウントでデータを管理するため、ログインできる端末とネット環境が合えればすぐにでもプレイが可能となります。また、端末のスペック、処理速度によってはプレイできないかな、と思われる人もいるでしょう。心配いりません!容量や画像処理はGoogleが肩代わりしてくれるようなので、端末のスペックを気にせず、楽しめますよ。

操作方法は専用コントローラーStadia controllerはもちろん、すでにもっている別会社のコントローラーや、キーボード、マウス、スマホのタッチ操作にも対応しています。スマホでタッチでは操作しにくい!という人はスマホに接続できるコントローターのみ購入する手もあります。とにかくどの端末でも自由に楽しめるのがいいですよね。

 

ゲームソフトの入手方法

ゲームを管理するソフトがStadiaならば、そこにダウンロードしてゲームを遊ぶのかな、と思いませんか?違うんです!このStadiaは、一切ゲームソフトをダウンロードする必要はありません。インストールしずに、あらゆるゲームを楽しめます。どうして?それは

Googleがもっているサーバー自体がユーザーのゲーム本体となるからです。Googleサーバーにすべてのゲームデータが入っていて私たちはそこに通信してゲームをします。例えるならば

すべてのゲームソフトが内蔵された任天堂スイッチ本体がお店にあります。私たちはその本体にコントローラをつないで自由にプレイができる。

これをネット上で行っているといった感じでしょうか。

 

State Share

一つの機能にState Shareというものがあります。これがまた異次元の機能なんです。プレイ中のある時点のプレイリンクをシェアできる機能です。動画や写真ではありません。その時点のゲームをみんながプレイできるリンクです。野球ゲームで例えると

あ…。2アウト一打逆転のチャンス!この打席をみんなにも楽しんでほしい!

そんなとき、リンクを貼れば、誰もがそのドキドキをプレイできるというものです。ぶっとびすぎてますが、こんな機能もついているそうです。

 

YouTubeがストア的存在に

こんなコンテンツをプレイしたい、どんなゲームがあるかな。

→YouTubeで探してみよう

このYouTuberのプレイしているゲーム面白そう

→YouTubeからそのままプレイしよう

 

こんな流れになるでしょう。StadiaはYouTubeが大きな窓口になるようで、ここから自分がやりたいゲームへと簡単に飛ぶことができるようです。

ゲーム実況を行うYouTuberがより一層増え、ますますYouTubeが盛り上がってくると思われます。

 

ゲーム業界の革命の日

今回のGoogleの発表したStadiaは冗談なしに常識を覆し、これからのゲーム業界の新しい常識になる可能性を秘めたものです。近い将来には専用ハードなど存在しないかもしれません。

世の中から固定電話を新しくつける人が減ってきているのと同じように新しく専用ゲーム機を買う人も減ってくるかも?暖炉のついた家がお金持ち以外存在しないように、専用ゲーム機を買う人はお金持ちだけになるかも?

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です