ゴーレムデッキはチンパン?両者の言い分まとめ【クラロワ】

負けるとイラつくゴーレムデッキ

タワー後ろからダークネクロを出し、前にゴーレムを出して後は後衛ユニットをつけるだけ。簡単に言えばゴーレムデッキはこれだけで勝ててしまう。エリアドの取り方やゴーレムを出すタイミングが難しいとゴーレム使いは誇らしげ言うが、ほかのデッキに比べるとどうなのか。ゴーレム使いとゴーレムアンチの言い分をまとめてみた。

ゴーレム使い

ゴーレムは8コストのリスク

ゴーレムは8コストと、一体出すだけで大きなリスクを伴う。ゴーレムを出した直後に逆サイドを責められると2から4コストで守らないといけない。そのため簡単にはゴレを出せないし、そのタイミングが重要になる。

捨てるときと守るときの判断

上のように逆サイドの奇襲を食らった時に、守るべきか、それともタワーを捨ててゴーレムの後衛にエリクサーを割くか、試合のプランを瞬時に決めなければならない。判断を間違えれば、ゴーレムは低コストで処理され、逆サイドを折られる展開になってしまう。

平均コストが重い

一つ一つのユニットが役割を決められており、サイクルをずらされると対処が難しくなる。使うタイミングを間違えると莫大なアドを取られる危険がある。

ゴーレムアンチ派

戦略の単調さ

ゴーレムデッキの戦略はほとんど、ゴーレムを出して後衛ユニットを流し込む形をつくるもの。逆サイドを無視してアドを取って逆サイドをごり押し、あわよくばそのままキングを狙っていく。相手の手札を把握しなくても形を常に作れば勝ててしまうことも多い。

デッキ相性頼み

ゴーレム使いは、ペッカ、ファルチェやインフェルノタワーを守りの軸にするデッキにもろく、一方で施設がないデッキや中型大型呪文がないデッキには強さを発揮する。施設やあらゆる陸ユニットをかわしながらコツコツダメージをいれるホグデッキなどに比べるとゴーレムは簡単に思える。

割くカードの枚数が少ない

高回転デッキなどより、消費するカードの枚数が少ないので簡単だ。ゴーレムデッキは相手の一つのミスで試合を決めるパワーがあるので多くのカードを割きながら正確にユニットを配置しないと守れない。26ホグが顕著で、相性はホグ有利といわれるが、アイスピや大砲の位置一つで試合をひっくり返される。

総括

ゴーレムデッキは誰でも使いやすく、ある程度までは誰でも勝ててしまうデッキパワーと戦略の単純さを持つ一方で極めるには難しいデッキなのかと思う。ある程度使っていればグランドチャレンジを平均8から10勝できるデッキだが、11、12勝を頻繁にするには相当PSが必要になる、といったイメージでしょうか。目にわかるようなスーパープレイというよりは後衛の割き方、ゲームプランの作り方が重要なので、うまさが伝わりにくいのも本当だと思う。

なら、ゴーレム使えば?という人も多いそうだが、おそらく、デッキサイクルや相手の手札を把握して勝つデッキのほうが面白い、と思う人も多いからでしょう。簡単に勝てるならそのほうがいいじゃん!というひとも多い。いろんな楽しみ方があって、いいゲームだと改めて思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です