YouTubeの規制が年々厳しく…。強みが薄れテレビと同じ末路へ?影響力を持った宿命か?

年々規制が厳しくなるYouTube

未成年者が出演する動画のコメント欄封鎖を発表

米IT大手グーグル(Google)が運営する動画投稿サイト「ユーチューブ(YouTube)」は2月28日、未成年者への「搾取行為」を食い止めるため、児童や年長の未成年者が登場する動画のコメント機能を無効にするとの方針を明らかにした。

さらに「今後数か月にわたって今回の措置を広げていき、年少の未成年者が出演する動画や、搾取行為を招く恐れのある年長の未成年者が出演する動画へのコメント機能を無効にする」との方針を明らかにした。

yahooニュースより抜粋

今まで、未成年、幼児が出演する無害でかつ規制を守った正当な動画内で、児童ポルノに関するコメントやリンクが付けられていることが問題になっていたようです。

そこで今回、YouTubeは思い切った規制に踏み込むことを発表しました。未成年者が出演する動画にはコメント機能を封鎖、つまり使えないように制限するというものです。

これは情緒も安定しない未成年者をネットから守るためのやむを得ないものだとされています。

 

未成年YouTuberでも賛否分かれる

一見すると、情緒も安定しない未成年を守るためにこれは大事なことだと思われます。もちろん、不必要にまた無神経な誹謗中傷があふれるネットの声が未成年に届かないようにシステム的に保護することはもちろんいいことです。ただしこれは、ゲストや家族の手により受動的に出演した保護する立場にある未成年者には有効かもしれませんが、自立し、一人のYoutuberとして能動的に出演している未成年者にはかえって足かせとなる恐れがあります。

スマホ、ネットが普及した今、世の中には未成年や学生がYouTuberとして生計を立てている人は少なくありません。彼らにとってはコメント機能は自分の動画の善し悪し、視聴者の需要と自分の供給があっているか、など自分の動画の指針となる重要な役割を果たしています。また視聴者たちがコメント欄で動画について意見しあったり感想を言い合ったりと界隈を盛り上げるにも大きな役割を果たしてきました。

同じ未成年でも立場が違うと今回の規制も賛成派と反対派でわかれてしまいます。今後、投稿者が意図的に制限を解除できるようになるのか、それとも強制的に未成年者のコメント欄を制限するのか、これは今後のYouTubeに大きな影響を与えそうです。

 

テレビと同じ道をたどりつつあるYouTube

ここまでYouTubeというプラットフォームが拡大してきた大きな要因は

  • 誰でも簡単に動画を配信でき、かつ収入が発生する
  • テレビでは見れなくなった刺激的で独創的な動画を楽しめる

この二つだと私は考えています。テレビという巨大なライバルが立ちはだかる中、ここまで市場が拡大したのはテレビにはないこれら二つの魅力があったからです。

しかし、近年YouTubeの動画に対する規制が厳しくなってきています。有名実況者がチャンネルを凍結されたり、動画が消されたりと話題になっています。これは影響力を持ったが故の宿命かもしれません。テレビも、幅広い層が見るだけにたくさんの苦情や批判によって挑戦的な番組が放送されなくなり、誰も文句のない言い方は悪くなるかもしれないが平凡なものしか制作できなくなりました。それによりテレビの若者離れが取りざたされ、youtubeといったほかのプラットフォームに介入される隙を作ることになりました。

YouTubeも今後、規制が厳しくなればなるほど、強みが薄れていき、市場が縮小していく恐れがあります。せっかくテレビに負けじと劣らぬ影響力と勢いをもったので今後のためにも魅力と強みをうまく守りながら規制をしてほしいですね。

補足

規制に反対しているわけではありません。規制をしないと界隈が荒れてしまい、企業から広告を出してもらえない事態になりかねません。クリーンなイメージを保つことは市場拡大の上では至上命題といっても過言ではありません。悪口しかないと悪評のサイトに誰も広告を出そうなんて思いませんよね。だからこそ、自由と規制を両立するのが難しいのかもしれません。

 

小中学校でスマホ・携帯の持ち込み可否の見直し!どうなる、学校教育。

学校へのスマホ持ち込み

小中学と高校大学

「携帯電話」今はスマートフォンが大部分を占めていますが、これは小中学校までは学校への持ち込みが禁止されています。当然ご存知だと思います。携帯電話、特にスマホは連絡手段としてだけでなく、ゲーム、SNSなどその用途は多岐にわたります。学問に支障をきたす恐れがあることからその持ち込みは禁止されてきました。もはや当たり前のようにさえ思っていました。一方で義務教育が終了する高校大学、専門学校になると、その持ち込みが許されます。大きな要因としては、義務教育ではないので勉強するもしないも本人の責任である、ということ、そして高校生にもなれば自分で勉強するときと遊ぶ時の区別ぐらいできるだろ、という年齢的なことでしょう。

 

文部科学省が小中学へのスマホ持ち込みを検討

しかし、文部科学省が小中学校へのスマホの持ち込みを認めることを検討していることが明らかになりました。理由としては、「スマホの高い所持率、災害時の連絡手段としての有用性」が挙げられています。

賛否両論あると思います。もちろん、スマホを持ち歩けるメリットもたくさんあれば、デメリットもたくさん存在します。

 

スマホが学生に与える影響

メリット

私が一番感じるのは、親との連絡が取りやすくなることです。おもに中学校の話ですが、お迎え、緊急時に親との連絡がすぐにそして簡単にできます。スマホの持ち込みが禁止されているので、中学生の親との連絡を取る手段が公衆電話しかなかったので、緊急時は特に公衆電話が大行列にになり、なかなか親と連絡が取れないことがありました。そういった問題が簡単に解決できることが最大のメリットとなるでしょう。また、通学中の安全確認がしやすくなるなど、勉強面以外では有意義な変更になるかもしれません。

デメリット

ご存知の通り、勉学への影響が最大の懸念点です。今のスマホは一台あればなんでもできます。連絡だけでなくゲーム、SNS、ネットサーフィンなど学生の勉学への気をそらすものであふれています。手元に持っているだけで、あれやりたい、これやりたい、という誘惑が襲ってくるのがスマホというものです。このスマホが放つ邪気にいまの高校生の多くも苦しんでいるのではないでしょうか。私も大変苦しみました(笑)。ただ、高校生にもなると授業中に触る人はそれほどいなかったです。小中学生が持った時に授業中、そして放課後、うまく切り替えさせることができるのか、そこに配慮した規則作りが今後の論点になりそうです。

スマホの使い方も指導できる?

ただ、うまく小中学生をスマホと勉学で区別させる指導ができれば、その後の高校以降で好影響をもたらすかもしれません。今まではスマホの使い方、区別の仕方をしつけされず、いきなり高校生から自由に使えるようになったので、スマホにのめりこむ人が多かったです。ですが、小中学校からその使い方をうまくしつけることができれば、高校へと進学してからも勉強とうまく区別しながらスマホを扱えるようになるかもしれないので、そこは大きな可能性を秘めているのでは、と期待してしまいます。

 

終わりに

どんなに所持率が高くても、持っている人ともっていない人が出てきます。若い時にそうした違いがあるとよくない方向に行きがちです。また外で遊ばず、休み時間もスマホ、とならないか、友達との会話がスマホを仲介したものにならないか、など懸念点はたくさんあります。おそらく高校までのように授業時間以外使えるというよりは、始業時間から就業時間までは特別な許可なしには使えない、というような規制の仕方になると考えられます。その規制を果たして生徒がちゃんと守って授業を真剣に受けれるのか、心配なところはそこでしょう。賛否両論あると思いますが、さらに先生たちの頭を悩ます問題になりそうです。

【誤解注意】法改正されても、スクショ自体は著作権侵害に当たらない!

世間をにぎわせた著作権法改正

概要

13日、著作権法改正にむけた法律の改正案を政府が提出流れにあることを多くのメディアが発表しました。その中で、誤解を招くような書き方がされたものも多くあったのでネット上では大混乱になったのです。

こちらのニュースを見て最初に勘違いをしてしまう人も多かったのではないでしょうか。

「え、スクショして保存することも著作権侵害になるの?スクショ機能自体が違法ってこと?」

私は最初、このようにとらえてしまいました。しかし、この解釈は正確ではありません。正確に言うと、

公式(画像、動画などの提供元)の承諾や許可を得ず、ネットにアップロードし、それらの非公式の画像をスクショなどで保存することも違法

とされた、ということです。つまり、公式からアップロードされた画像をスクショなどで保存すること、提供者の許可を得た画像のアップロードは合法です。ただ、今回の改正によって、違法にアップロードされた画像のスクショなどによる保存も違法になります。

したがって、それほど大それた改正案ではありません。

 

改正の意図とは

今回の改正のターゲットになったのは主にネットに大量に違法アップされた漫画たちです。現在もネット上には作者、出版社の許可なしにアップロードされた漫画ではびこっています。そしてそれらをスクショなどで保存し読んでいる人がたくさんいます。このような被害に悩まされている漫画家が多いので、その打開策としてこのような改正を行うようです。

今までの法律では非公式の違法アップをスクショなどで保存することは違法とされていなかったからです。これにより、画像や動画の発信元をしっかり明らかにした状態で保存をしないといけなくなるでしょう。

 

メディアリテラシ―

今回の騒動でネット上では様々な間違った情報が流れました、また誤解を招くような話題性を狙った見出しのついたニュースが多く出回りました。誰でも簡単にネットを通して情報を発信できる時代だけに、ネット上の記事の信ぴょう性も同時に下がります。見出しだけで決めつけたり、一つの記事で信じ切って誤情報を他人に流してしまったら大変です。無実の他人を気づつけたり、取り返しのつかない事態になりかねません。

今回の一連の流れによってそのことを痛感させられました。

 

ネットにアップするときだけでなく、保存するときも画像の出先に気を付けましょう。

【衝撃】嵐、2020年限りで活動休止を発表!その理由は?5人のその後の活動内容は?

人気アイドルグループ「嵐」活動休止

概要

ジャニーズの5人組人気グループ・嵐が26日、2020年12月31日をもってグループ活動を休止することを電撃発表した。有料ファンクラブサイトに、5人の動画メッセージを投稿し報告した。

動画で大野智(38)は「2020年という区切りで一度、嵐をたたみ、5人それぞれの道を歩んでもいいのではないか。何度も話し合った結果、結論に至りました」、二宮和也(35)は「2020年の最後の最後まで嵐らしく過ごしていける様、これから5人で頑張っていきます」と報告した。

昨年末には、当初予定していた今月13日の京セラドーム大阪公演まで5大ドーム18公演に加え、4月から12月25日までトータル動員237万5000人を見込む全50公演を行うことを発表したばかり。動員数、ドーム公演数ともに日本音楽史上最多。5人はツアー全貌を発表する際に報道陣の取材に応じ、松本は「理想を言うと(ファン)全員に見て欲しい」と思いを明かしていた。

引用:スポーツ報知

 

解散理由

「2020年を区切りに、それぞれ別の道を進んでもいいのではないか。」という心の内をリーダー大野が有料ファンサイトの動画内で発表。つまり、嵐5人での芸能活動を休止し、それぞれが自分のしたい活動に専念するということだろう。

現在嵐5人がもつテレビ番組は「嵐にしやがれ」「VS嵐」。ほかにも日本郵便などのCMも大手企業と契約中。これら5人で出演する番組をはじめ、コンサートや嵐としての音楽番組への出演が見られるのは2020年限りとなりそうだ。

 

今後の展開の予想

櫻井翔

現在NEWSゼロのキャスターや有吉・櫻井the夜会などソロ活動も充実している。おそらく嵐としての活動休止後もキャスターやMCとして芸能活動を続けていくと予想される。

 

松本潤

こちらは俳優として活動を続けるのでは、と予想される。99.9や花より団子など、嵐5人の中でも視聴率をもっとも稼げ、代表作を多く持っている。

 

大野智

彼の今後の活動が最も不透明で予測しにくい。単独で持っているテレビ番組はなく、俳優としての評判も悪くないが、とびぬけた数字を出した実績もない。ただ絵画やダンス、ジャニーズ1の歌声の持ち主でもなるので進む道はいくらでもだろう。私としてはソロ歌手として活動をしてほしいですね。あの歌声は個人でも十分やっていけると思う。

 

二宮和也

俳優で間違いないでしょう。彼の演技力は誰もが認めるほど圧巻。硫黄島からの手紙でハリウッドデビューを果たしており、そこでアカデミー賞も獲得。世界が認める名俳優だ。今後は俳優として本格的に活動すると考えられる。

 

相葉雅紀

志村動物園など数々のバラエティー番組にソロで出演。天真爛漫な飾らない人格がバラエティー界で人気。今後もバラエティー番組を中心に活動していくのではと考えられる。

 

ただ、このようにおのおの芸能界で活動するなら、嵐としての活動をしながらでもよかったのでは、と思ってしまう。5人のうち、誰かが芸能界から距離を取ったり、もしくは海外へ進出などの道を選択する人がいるかもしれない。今後の発表や展開が気になるところ。

 

最後に

SMAPの解散後、国民を代表するアイドルグループとして芸能界を引っ張ってきて、今後もその役割を期待されていただけに今回の発表はすこしさみしいですね。紅白の司会やとりを任されるなど抜群の人気を誇った彼ら5人そろった活動が見られるのはあと2年ということになりそうです。東京オリンピックが彼らの最後の大仕事になるのでしょうか。解散まで、そして解散後も彼らの活動を応援しましょう。

【不思議】zozo前沢社長、1億円お年玉としてばらまくも、300億円稼いでしまう

zozo前沢社長のお年玉企画

zozotown

今莫大な人気を誇るファッション通販zozotown。なぜそれほどまでに人気なのか。服なんてどこで何買っても変わらない、そう思っている私からすると理解できないところもありますが、手に入りにくいブランドものが簡単に購入できることから多くの顧客を引き付けているようです。ネットが普及した今の時代、amazonや楽天などネット通販の強豪も多いなかで多くの人を引き付けるだけの魅力がそこにあるのだろう、と思います。

そんな今を時めく企業ですが、どうやら”プロ野球球団を持ちたいらしい”、そんな噂があるそうです。プロ野球好きからするとうれしい限りですよ。しかし12球団で身売りする企業が出るか、球団を増やすかしないと実現は難しそうです。残念...。

前沢友作社長

このzozotownの社長こそが今話題の尽きることない前沢友作さんです。最近では女優の剛力彩芽さんとの交際やそのsnsで注目を集め、二人で月へ旅行へ行くと発表するなど次々と私たちを驚かせてくれます。本当に面白い社長だなと。

そして新年早々・・・

100万円現金プレゼント企画

1月5日、前沢友作社長の公式ツイッターから次のようなツイートが公開されました。

さすが、勢いのある企業の社長はやることがでかい。企画の内容は、

前沢友作社長のツイッターをフォローし、上のツイートをリツイートすると、この2つの条件を満たす人の中から抽選で100名に100万円を現金でプレゼントする

という、正月ならではのお年玉企画。公開されるやすぐにフォローアンドリツイート祭り。彼のツイッターフォロー数は日本人1位の有吉さんに次ぐ2位にまで躍り出て、リツイート数は世界記録を更新したそうです。すごい勢いですね。

この企画は日ごろのお礼として社長自らのお金で個人的に行ったもので

1億円ばらまいて300億円を結果的に稼ぐことに

この企画は日ごろのお礼として社長自らのお金で個人的に行ったもので、企業とは関係ありません。しかし、さすがのインフルエンサーとしての影響力も計り知れません。正月のネットの話題を独占し、さらにはあのNHKでもニュース番組で放送されたそうです。1億円でものすごい宣伝効果を生むことになったのです。

爆上がりする企業の株

企画発表の前日、zozotownの平均株価は1,888円。そこから企画が発表されると株価は急上昇。9日で株価は2,209円。どの企業も軒並み株価を下げている現在の株式市場では異例の展開です。前沢社長はzozotownの自社株を1億1,122万株保有しています。したがって前沢社長はこのキャンペーンで上げた株価321円により約321×1億円=321億円稼いだことになる。もちろん、変動する株の資産であるため今もなお、その資産は増えたり下がったりしていますが、実際に事実としてこの企画は投資家たちの期待を集めることに成功したということになります。

感想

今回の企画は賛否両論ありますが、私はすごくいいなと、面白い人だな、とますます彼への興味がわきました。彼はこの1億円放出企画についてのちにこう発言しています。

その通りだと思いました。お金持ちの人がお金を貯金して使わないより、どんどん使って社会に還元すれば経済が周り景気も良くなるでしょう。今回の企画で誰一人として損する人はいませんし、抽選に当たらなくてもそういったドキドキ感、非日常を無料で味わうことができたのだからいいじゃないですか。目くじら立てる必要はないと思います。

そして、お金持ちの人を嫌う人がいますがそれはお門違いな気がします。剛力さんの件もそうですが「やっぱり金かよ」と発言する人がいますがそれは資本主義の日本ではナンセンスです。競争社会であり、成功した人がお金を得る社会のシステムからして金持ちを嫌うこと自体おかしな話です。社長として今までとは違うことをして成功した人がお金を持つし、それだけ大きな企業になったのだから周りに優れた仲間もいらっしゃるでしょう。そういった優れた人たちをも引き付ける人格者でもあるはずです。お金を持っているから人が集まるのではなく、優れた人格者だから人もお金も集まってくるのだと思います。今回の件もそういった面白い人柄が結果的に株価を上げることになりましたし。

私もこれからも彼の次にどんなことをしてくれるのか楽しみに待ちたいと思います。

電車内では背負いリュックが一番迷惑?改善の難しい問題

背負いリュックが電車内迷惑行為の一位に

公共交通機関「電車」

移動に鉄道電車を使う人、特に学生さんは多いと思います。電車といえば想像するのは満員電車。朝6時30から8時にかけて、夕方17時から19時にかけては通勤ラッシュや帰宅ラッシュで電車内はぎゅうぎゅう詰めです。電車は公共交通機関であり、たくさんの人が利用するのでマナーを守ることは大切です。たいていの人は意識していると思います。例えば電車内でにおいのきつい食べ物を食べたり、通話したり、駆け込み乗車したりというあからさまな迷惑行為はしないでしょう。しかし、誰もが無意識にやりうるごく普通の行為が周りにとってはすごく迷惑であることがあるのです。

迷惑行為調査

全国72社の私鉄が加盟する日本民営鉄道協会(民鉄協)が12月20日に発表した「駅と電車内の迷惑行為ランキング」によると、背負いリュックがなんと迷惑行為の一位という結果になりました。

迷惑に思ったことがあっても自分が治そうとはあまり思いませんよね。些細なことの積み重ねが今回の結果になったのだろうと思います。電車に乗るとき、入り口に立っている人の背負いリュックが飛び出ていたら入りにくいですよね。乗車中電車が揺れて隣に立っている人のリュックで押されたら嫌ですよね。出るとき、通路や出口付近でリュックが飛び出ていたら邪魔になって通れませんよね。ちょっとした迷惑でもちりも積もれば山となります。利用者にとっては相当なストレスがたまる結果となりました。

難しい解決方法

リュックを下ろさない理由

車内アナウンスでリュックを下ろして足元に置くか、荷物置きにのせるかするように言われると思います。ただ、あまり減らないのはなぜでしょうか。それには様々な理由があります。まず、床に置くのは汚い、リュックが汚れてしまうから。特に雨の日は床がびしょびしょなのでなおさらです。そして棚にのせるにも常にカバンを見張っていないと落ち着かなかったり、盗難対策で自分のそばに置いておきたいという人が多いからだと思います。そもそも、リュックをしている人は両手をフリーに使える、左右均等に負荷がかかるからバランスが良く長時間背負っても肩が凝りにくいからという目的を持っている人が多いと思います。そのメリットをわざわざつぶすようなこれらの行動には走りにくいでしょう。

対策方法

背負いリュックを減らすにはどうすればよいのか。背負っても痛くならない、両手が使える、という理由でリュックを使う人からリュックを下ろさせるのは難しいでしょう。ただ本人が迷惑であることを意識してほかの人のために行動するしかないと思います。すみません、ふつうの回答しか出ませんでした。自分も学生時代、床に置かなくても長時間背負えるからリュックを使っていました。混雑していると一度おろすと蹴られたり、背負い直せなくなり面倒です。一方で降りるときなどは背負リュックは迷惑だなと思ったこともあります。とても迷惑になっている、ということを自覚して少しの行動で迷惑が解消できるならと、行動できるといいですね。

あ、一つ名案が浮かびました!リュックを前に背負うのはどうでしょうか。かっこ悪いですけど、問題は解決できると思います。今の時代、電車内でスマホを見ない人はいません。スマホを見れるだけのスペースを正面に確保しているからでしょう。そこにリュックも差し込めばいいのでは?また、正面にあればだれか通る時も邪魔になっていることが目視できるのですぐにどかすなど行動できます。そうですね、皆さん電車に乗るときはリュックを前に背負いましょう!

本当にわかってる?クリスマスやクリスマス・イブを誤解している人多数!?

クリスマス

今年もクリスマスの季節がやってきました。皆さんはそのようにして過ごしますか。家族と過ごすもよし、友人、恋人と過ごすもよいですね。普段と変わらない家庭もあるかもしれません。様々な過ごし方があると思いますが、クリスマスやクリスマス・イブの正しい意味を把握していますか。意外と誤解されている方も多いと思いますので是非正確な意味を理解していってほしいなと思います。

.png

 

クリスマスはキリストの誕生日ではない

クリスマスとはイエス・キリストが生まれ記念日で、その誕生日を祝う行事としてクリスマスという習慣が世界的に広まりました。では本当に生まれた時間、真のクリスマスは25日の何時なのか気になりませんか。しかし、実はイエス・キリストの生まれた時間はおろか、正式な誕生日さえも誰にも分かっていません。なら12月25日とは何の日なのか、そうなりますよね。25日は西暦354年にローマ主教リーベリウスによって決められたキリストの生誕を記念する日なのです。つまりクリスマスとはキリストの誕生日を祝う行事ではなく誕生を祝う行事なのです。本当の誕生日は当時の人が記録していない限りだれにもわかるわけもなく、現在も様々な諸説が挙げられ議論されています。

 

クリスマス・イブはクリスマスの前日ではない

こちらも誤解してる人が多いと思います。日本では25日というよりも24日の夜に盛大にパーティ―をして盛り上がることが多いですが、本来のクリスマス・イブの時間帯はどう定義されているのか、ご存知でしょうか。

.png

12月24日の日没からクリスマスが始まり、12月25日の日没にて終わる。従って24日の昼間は「クリスマスイヴ」ではなく、24日の日没以降がクリスマスイヴである。

引用:wikipedia

御覧の通り、「クリスマス」とは12月24日の日没から25日の日没までと定義されています。よって25日の夜にパーティーをすることはクリスマスが終わったのちに行っているということになります。そして、「クリスマス・イブ」とは12月24日の日没から25日0時(24日24時)までです。クリスマス・イブという言葉自体が

Christmas evening クリスマス・イブニング

=クリスマスの夜

からきています。クリスマス・イブとはクリスマスの中の一部を意味し、クリスマスの中の夜を表す言葉なのです。クリスマスの前日というのは全くの誤解です。私も最初はそう思っていたのでびっくりしましたが、ここで正しておきましょう。

 

海外との文化の違い

クリスマスは言わずもがな欧米発祥のイベントです。では本場のクリスマスと日本のクリスマス、過ごし方にどう違いがあるのかご存知でしょうか。日本ではクリスマスは子供のころは家族と過ごしますが、大人になると恋人と一緒に過ごすことが一般的となっています。しかし、欧米ではクリスマスは家族と過ごす日とされています。そもそも日本にはクリスマスという祝日は存在しないので考えにくいのですが、欧米ではクリスマス休暇というものがあり、24日の帰宅から25日にかけては家族で過ごすことが一般的となっています。先日地上波放送されたホーム・アローンという映画でも家族や親せきとクリスマスを楽しんでいましたよね。

.png

 

もし、日本もクリスマスがそういった欧米の文化通り入ってきていたら24日になると毎年起こる恒例の「リア充めーー」「クリスマスがなんだー」といった声もなく、みんなに平和なクリスマスがやってきていたのかもしれませんね。(笑)