センター試験2019で不正行為者4名。過去の不正行為には驚きの内容も

受験生の皆さん、センター試験お疲れさまでした。自己採点と学校への報告を終え、二次試験に向けて再スタートを切ったところだと思います。そんな中、今日早朝、今年のセンター試験において不正行為によって4人が失格処分を受けたというニュースを目にしました。その詳細と、気になったのでこれまでに不正行為で退場処分となった内容について気になったので調べてみたところ、様々な工夫のされたカンニング行為が出てきたのでまとめてみました。これらの不正行為の上に現状の厳しいルールができているということも理解でいると思います。

定規を使用して失格?4名が失格処分に

今年2019年のセンター試験で不正行為により失格処分とされたのは全国で4人だったそうです。試験中にスマートフォン使用が2人、国語に試験中に定規を使用した人が1人、試験時間が終わっても解答をやめなかった人が1人ということです。失格処分を食らうと、その科目だけでなくこれまで受けたすべての科目の点数がなくなります。つまり事実上センター試験を使った大学入試は不可能となるのです。

国語で定規を使って失格

国語の時間中に定規を当てながら文章を読んでいた学生が失格処分となるのは厳しすぎないか?と思う人も多いのではないでしょうか。私も最初は驚きました。ただ、禁止されたものを試験中に使うことは立派な不正行為ですので、仕方ないですかね。またし定規を使用禁止にする意味が分からないという声もありそうですが、こちらはのちに紹介します過去のカンニング行為から致し方ないのかなと考えられます。そちらをご覧ください。

試験中にスマホ使用

一人は電卓、一人は検索機能を利用していたところを抑えられたようです。こちらは明らかなカンニング行為でしょう。試験中はスマホの電源を切りカバンに入れるよう何度も注意深くアナウンスされたはずです。至極当然の結果でしょう。

試験時間終了後も解答

試験監督が「解答やめ」とアナウンスした以降も指示を無視して解答を続けた結果不正行為と認定されたようです。気持ちは本当にわかります。私も本番ではなくマーク模試の時ですが、問題を解くのに夢中でマークをするのを忘れて、「解答やめ」の声ではっとなり頭が真っ白になった経験があります。少しだけ、もう少しだけ。マークしたい気持ちをぐっと抑えたのを覚えています。この時は数学の大問1個分を落としたので痛かったです。失格となった方も1点でも多く取りたかった気持ちが抑えられなかったのでしょう。マーク忘れなのか、時間が足りなかったのかわかりませんが、失格になっては元も子もありません。本当にもったいないですね。

驚愕!過去のカンニング行為

国内でのカンニング行為

これらはセンター試験以外にも大学の2次試験で起こったことも取り上げます。

  • 試験時間中にトイレに問題冊子を持ち込み参照
  • 靴底にカンニングペーパーならぬ、カンニングソールを作成
  • 腕時計をくりぬき、丸ごとカンペに
  • 試験中にスマホを操作し、ヤフー知恵袋に試験問題を載せ、解法を聞く

そこまでする?というものもありますがやはり多いのは、定規使用や試験時間を守らない、スマホを使用といったところです。

海外ではハイテクなカンニングも

中国では消しゴムに受信機を仕込み、外部の人間が解答を送信する手のこんだカンニング行為もあったようです。試験前に消しゴムのケースを外すように指示されるのはこうした受信機隠しを防ぐためです。

他にも定規型、外から見えないイヤホン型、眼鏡型など様々な形をした受信機によるカンニングが発見されたようです。高額な値で市場に出回っているようですので、日本の入試運営側としてもできるだけこういったカンニングを避けるために定規や消しゴムの規制を厳しく行っているのです。

終わりに

服の文字やハンカチ、ひざ掛けも厳しくチェックする日本の入試運営側は「厳しすぎる」と思う人も多いかもしれませんが、これは受験生が公正、公平に勝負できるように手間暇かけてカンニング防止に取り組んだ結果です。実力勝負ができる環境を意図的に作ってくださっていることを忘れてはいけません。ですので。受験する側もそういったルールを守る義務があります。丁寧に使用許可された持ち物、使用できないものを記載してくださっているのでよく読んで臨みましょう。

センター試験2019の珍問題が爆笑過ぎる件


センター試験2019速報

受験生の皆さん、お疲れさまでした。今年のセンター試験も終わり、次は二次試験に向けて頑張ろうと意気込んでいるところでしょうか。今日くらいはゆっくりしてほしい所です。センター試験が行われるにあたって様々な予備校が解答速報、分析を発表しています。気になる詳細を少しだけ見たいと思います。これから書くとは河合塾さんの次の記事をもとにしております。気になる詳細はこちらをご覧ください。

 

国語

前年よりも易化したようです。現代文は前年より400字少なくなり読みやすかったとか。現代文は時間との勝負のところが大きいので400字少なかったのは大きかったのではないでしょうか。また古文の内容はとても面白いですよ。のちに記述するので是非見てみてください。

英語

こちらは昨年並みのようです。リスニングは前年より易化となっています。文字数も相変わらずの量のようで、とにかく早く正確に必要な情報を読み取る能力が要求されたました。私も初めてといたときは90点とか、そのレベルであまりにも文章が長すぎて読むのも解くのも諦めてしまいました。安心してください。受験勉強をするにつれて慣れていきます。私も最終的には180点まで上がりました。

数学

数学が難しくて嘆いている受験生が多発しているようです。なんと数学ⅠAにて確率漸化式が出題されました。過去にこの類の問題は出題されたことはなく爆死した人が多いようです。対策するのは難しかったかもしれません。通常は二次試験で扱われることがおおい難しい問題なので正直驚きました。名古屋大学などの最難関国立の二次対策をしていた人にはお手の物だったかもしれませんが。

受験は何点取れるかではなくて、周りよりどれだけ多くとれるかが勝負です。自分ができなかったならみんなできていないでしょう。ここからは自分の点数とボーダーラインを見比べ、出願する大学を選ぶ戦略を立てる期間です。十分に考え、受験する大学を決めてその対策をしていってほしいです。

爆笑珍問題

英語リスニング問題

こちらは今年のセンター試験の英語リスニング問題にて出題されたようです。4つの絵のうちで議論の結果できたキャラクターのイラストを選ぶという問題です。その絵が独特過ぎて話題になっています。まじめな試験の中でこうした肩をほぐすような問題をまぎれさせてくるところ、嫌いじゃありません(笑)。私だったらブドウさんが一番強そうですが…、選ばれたのはニンジンさんだったようです。

古典

古文というものは意外にも面白い文章が多いのですが、今回もなかなかに面白い内容でした。

狐が美しい姫に恋をしてしまい、なんとか姫を守りたいと狐は姫君に化けてそばにお仕えするというお話です。

古文では宮廷の姫に一目ぼれした男性が身分の壁を乗り越えながら姫に近づこうとするなど、女性を男性が追いかける恋愛話が多い中、今回は男性でなく、狐という(笑)。しかも男性に化けるのではなく女性に化けて仕えるという展開がイレギュラーで面白かったです。イケメンの男性に化ければもっといい感じになったかもしれないのに。

終わりに

いよいよセンター試験は来年で終了です。新3年生は浪人が厳しいとされるので今から始めたほうがいいかもですね。現在1年生、中学生の人はどんな入試制度になるか知っておいたほうがいいと思います。こちらに詳しくまとめましたので参照ください。

センター試験廃止による新制度はどうなる?

これまでの過去のセンター試験にて出題された珍問題についてまとめたので良ければこちらもご覧ください。

毎年世間を騒がすセンター試験がまじかに!過去の珍問題を振り返る

センター試験1日目!今日は文系科目。今年の学生の傾向を見る!


2019年1月19日、本日はセンター試験1日目、文系科目の試験が行われた日です。SNSやニュースでも大きく取り上げられ、受験生にとっては大事な試験になります。午前中は文系の人は社会2科目、理系の人は社会1つ、午後からは分離共通で国語、英語、リスニング、という時間割。緊張と休み時間が長めなので疲労感はすごいと思われます。というか、すごく疲れます。

私もセンター試験は経験しました。私は理系だったので1日目はゆっくりスタートしました。ただ、あまりの緊張で前日の夜は本当に寝付けませんでした。これほど長いと感じた夜はありません。早く寝なきゃ、という焦りが余計に緊張感を駆り立ててきて本当に焦ったことをよく覚えています。そして苦手というか不安な科目がそろう1日目は最大の山場と考えていたので試験会場に向かう途中も、着いた後もひたすら最終チェックを行っていました。なんどもなんども。なぜなら私、

非常に心配性なのでございます。

外出するときは戸締りと、コンセントを抜いたか何度もチェックすれば忘れ物が何か考えるので、外出するにも時間がかかります。ですので、会場に着くのも本当に早かったですし、怖くてカフェインを口に含めませんでした。カフェインは眠気をなくす効果がある一方でトイレが近くなる人も多いです。試験中、尿意で集中できなかったらどうしようと心配でしたから。私の話はそこらにしてまじめなお話をしましょう。

時代の流れ?文系、情報系が人気

今年は理系学生より文系学生のほうが多いそうです。

よく文系のほうが有名大学に入りやすくて、理系のほうが就職はしやすい

ということを聞きます。まず難易度は一概のは言えないでしょう。文系でも法学部などの人気学部は理系と同じもしくわそれ以上に難しいかもしれません。ただ、倍率や偏差値だけでなく、受験科目からいうと最難関大学になるほど理系大学は多くなるのでそう言われることも多いです。最難関国立大学になると文系は「国語、英語、数学、小論文or社会」。理系は「国語、数学、英語、理科2科目」が多いです。単純に科目一つ多いか少ないかで受験生への負担は格段に違いますからね。受験生でもこのように思う人は多いようです。

就職については、文系よりも理系のほうが専門的な内容を学ぶので企業からすると即戦力として採用しやすい、ということから理系のほうが就職に有利といわれます。文系でいうと、文学部や、考古学などは企業にとっては生かしきれないところが多くなってしまいますから。

ただ、近年は理系大学生は修士課程つまり大学院までいかないと話にならないところも多く、社会の出るのも遅れ、学費がかかることから文系が人気になっていると思われます。

浪人生の割合は18パーセント。今年も上昇

高校卒業後、一年勉強いわゆる浪人を経て今年受験している学生は今年18%で、人数も割合も去年より増加しているそうです。これは国のによる私大入学定員の制限や少子化を見越した入学定員の削減により、大学入試に漏れた学生が多くなってしまった、という理由が大きいと思います。

試験制度変更のため?私大は全志向の人多数

センター試験は今年含めて2回で終了、大学側の定員削減によって私立大学の競争率も上がり、難易度も上がります。ですので受験生は私立大学は確実に受かる中堅私大を受ける人が増えるといわれています。確実に滑り止めの役割果たしてくれる大学を確保し、国立に臨みたいと思うのは至極当然です。私も絶対そうすると思います。浪人してでもいい大学に、いう人よりどこか確実に行ける大学を抑えたい、そんな感じでしょうか。

終わりに

今年、来年は入試制度変更や定員削減があいまって大変な転換期を迎えています。受験生にとっては災難ですが、仕方がないですね。今日は1日目、明日は2日目、理系科目です。今日よりは当日のコンディションで点数が大きく変わりにくい科目です。自分がやってきたことしか点数にはなりません。今まで以上のものを出そうとするより、やってきたことだけ出すことを考えたほうが緊張も緩んでいいですよ。頑張れ受験生!

 

毎年世間を騒がすセンター試験がまじかに!過去の珍問題を振り返る

残り2回!センター試験

大学受験をした人たちなら多くの人が通った道、「センター試験」。今年もいよいよその日が近づいてきました。今年は1月19、20日の二日にかけて全国同時に行われます。大学入試共通一次入試としてマークシート形式で行われてきたこの試験ですが、今年を含めて後2回で終了となります。その後は記述問題を含んだ新しい試験に変更されます。詳しくはこちらで新制度の変更点、新しい入試制度について紹介していますので、ご覧ください。

センター試験廃止による新制度はどうなる?

国公立大学を目指すなら避けては通れない試験であり、カンニングや違反行為には厳正に対処がされる由緒高い試験です。そんなセンター試験ですが毎年、受験生以外のひとからも話題になるほど興味深い問題が出題されてきました。過去にどんな問題が出題されたのか振り返っていきたいと思います。

小説「快走」/ 平成26年

若い娘、道子が夜中に多摩川の堤防沿いを走っている中、それを両親がこっそり尾行するという展開。その中で両親のほうが楽しくなってしまい、娘「おほほほほほほほ」「あははははははは」と笑い声をあげながら走るのです。そして娘のランニングする服装について「アンダーシャツにパンツ」という表現がされていたのです。

作品の最後にパンツとは運動用のズボンをさす、と注意書きがされていましたが、1目読んだらそうはおもいませんよね(笑)。下着のパンツをはいて走ってるの?!と想像して笑ってしまった人も多いのではないでしょうか。そして、問題になぜ両親が笑っていたのか、という質問があり、「娘がズボンをはかずに走っていたから」と思わず勘違いしてしまいそうな展開ですよね。

日本史A・妖怪ウォッチが登場 / 平成29年

日本史Aの問題になんと当時小さい子供たちから大人気だった「妖怪ウォッチ」に登場するキャラクター、ロボニャンが登場。日本史といっても昔の記録や歴史だけが日本史ではなく、現在も、最近の世相も日本史だといわんばかりの出題でした。

ムーミンの発祥の地は? /  平成30年

ムーミンの発祥の地はフィンランド、ヘルシンキという都市です。知識があるとちゃんとわかるようになっていたそうですが、キャラクターがどこの国か聞く問題というインパクトのでかさと大学入試問題という理由から大きな話題となりました。

しかし、この問題、一部のゲームをプレイしている人からは思わずテンションが上がってしまう問題だったのです。

クラッシュロワイヤルというスマホゲームです。このタイトルの有名実況者ドズルさんという方の動画を見ていたら解けてしまうのです。クラロワはムーミンと同じヘルシンキに本社を持つsupercellという企業が手掛けており、その中に登場するキャラクター「アーチャー」がムーミンのミイになんとなく似ている、といった内容を何度かドズルさんが動画内で話していたからです。テストに出るから覚えとけ!と冗談で言ったことも冗談でなくなることもあるかもしれないですね。

.png
ちびのミイ
.PNG
アーチャー

 

 

 

 

 

 

画像 ムーミン公式サイト   クラロワ公式サイト

ついでにsupercellという企業、本当にすごい会社なのでぜひ詳しく知りたい方はこちらまで。

世界的ヒットメーカーsupercellとは何者なんだ?!まさに理想的な企業だった!

恥ずかしいことばを連呼 / 平成29年

小説のなかで、「おっぱい!おっぱい!」と連呼するシーンが登場。受験生は国語は時間との勝負なのでそんな余裕はなかったかもしれませんが、少し恥ずかしいというか、胸とか、そういう言い回しをせずにあまりにも堂々と書かれていたので驚いた方もいたかも。受験生よりもネットのほうがにぎわっていたような気もします(笑)。

センター試験日は雪が降る?

地域によって異なるかもしれませんが、「センター試験日はなぜか雪がふる」ことが多いですよね。雪が降ると交通が渋滞して会場に間に合わない可能性が出てくるので大変です。受験生はかなり早く出発するはめになった方も多いのではないでしょうか。出来れば天気は晴れてほしいと思うのですが、今年は皆さんの地域はどんな天気でしょうか。

受験生の健闘を祈る!

私もセンター試験は経験しましたが、とにかく国語に泣かされました。得意不得意あると思いますが、精いっぱい頑張れればそれでいいと思います。実力以上の点数は出ませんから、無気楽に受けたほうが緊張しなくていいと思います。いつも以上の点数を取ろうとするほど緊張して実力も発揮できなくなる人は多いです。私もその一人でしたから。どんな面白い問題が出るのかな?そんなサブテーマをもって気持ちを楽に望んでほしいと思い、今回は記事を書きました。受験生のみなさん、頑張ってください!

 

センター試験廃止による新制度はどうなる?

もうすぐ、大学入試制度は大きな転換点を迎えようとしています。それは今年、来年の残り二回をもってセンター試験というものが廃止されます。センター試験とは毎年1月に全国共通で同時に行う試験であり、多くの大学ではこれを一次試験として取り扱います。現在高校二年生までが従来通りセンター試験を受け、現在の高校1年生から新制度が導入されます。今回は、その変更理由と、変更されることによる影響についてお話していこうと思います。

センター試験と新制度の違いと変更する意図

今まで通り、構成科目は変わりません。では実際に変更されるといっても何が変わるのか、ハッキリわかっていますか。一番の変更点は

① 記述式問題が新しく導入されること
② 英検、TOEICといった外部の資格検定試験の活用

の二点があげられます。

① 記述式問題が新しく導入されること

従来のセンター試験は完全マーク型でしたので、すべてが選択問題でした。しかし、新制度からは国語と数学で記述しい問題が三問ほど導入されます。この変更は出題側も学生側も非常に大きなものだと思います。もちろん、自分で答えを作り上げる思考力や、それを適切に言語化する表現力という今までにない能力を学生は要求されます。対策しなければいけないことが1つ増えることは忙しい受験生にとって非常に痛いです。

一方で運営側も今まではすべて機械で採点できたものが、記述問題は人間が一語一句異なる何万枚もの回答を公平に採点しなければなりません。受験生の人生のかかったものなので最新の注意を払わなくてはならなく、時間も費用もかさむのではないでしょうか。

② 英検、TOEICといった外部の資格検定試験の活用

英検やTOEICなどの資格は一部の大学を除いて大多数は入学試験には導入されてきませんでした。しかし、新制度ではこれらの資格も大学側に送るシステムを構築して判断材料にしようということです。これも、記述式問題の導入と同じく、表現力を見るためだと思います。英検は3級以上になると、英語面接が二次試験としてあるため、資格を持つ生徒はコミュニケーション能力も英検一つで保証され優位に立てることになります。

大改革による影響

新制度の導入による影響はどこにどう及ぶのでしょうか。多岐にわたる炉思いますが、私が考え付くところでお話しします。まず一つは、変更される前年度、つまり現高校2年生の浪人という選択肢を取る人が例年より激減することは間違いないと思います。翌年から新制度が導入されますが、彼らは旧制度の対策しかしてこなかったので大きなハンデだと考える人が多いと思います。したがって今年で決めたいと、確実に合格できる大学を受験する人が増えると思います。しかし、毎年浪人する学生は多くいます。したがって前年度、現3年生の浪人生も確実に合格を狙ってきます。大学の定員は少子化により減少傾向。これらが相まって来年の大学入試は激戦になりそうです。滑り止めに受ける大学の数も例年より増えることが予想されるので倍率は全体的に上がるのではないでしょうか。そして、新制度に戸惑うのは受験生だけでなく高校教師、予備校教師も同じです。今までのノウハウが使えなくなるので手探りとなる場面が増えると思います。ただ、プレテストを事前に行い、難易度を調整するそうなので、予備校もある程度の対策はしてくると思いますのでそれほど心配する必要もないかもしれません。

 

新しいことを行うと必ず賛否両論の波が来ます。ただ、決まったことはしょうがないと思うしかありません。これから大変だと思いますが、これから大学入試を控える皆さん、頑張ってください。

ポケモンピカブイ、遂に発売。プロコンが使えぬ衝撃。概要から感想まで

いよいよ、本日1116日は任天堂スイッチ版新作ポケモンレッツゴーピカチュウ、イーブイの発売日です。大人気ポケットモンスターシリーズが任天堂スイッチ初登場ということで早くから注目されていました。そんな今作の特徴や、ストーリー、実際にプレイした感想をいち早くお伝えしようと思います。

 

舞台は?出てくるポケモンは?

今作の舞台は初代ポケモンと同じカントー地方です。したがって登場するポケモンも初代がメインなので広い年齢層の人が遊ぶことができます。

 

どんなストーリー展開?ピカチュウとイーブイの違いは?

ゲーム内容は今までのポケットモンスターシリーズと大きく変わりません。ポケモンと新たな出会いを重ね、図鑑を完成させながら、自分のポケモンを強くしていく展開です。最終目標は伝説のポケモンと出会ったり、ポケモンリーグを制覇することです。

 

今回はピカチュウとイーブイの二作が同時発売されますが、その違いはポケモンの出現のしやすさや出会えるポケモンの種類が一部異なることです。大きな違いはこの点だと思います。

 

スイッチオリジナル機能は?

スイッチと言えば一台あればジョイコンを使って二人でプレイできること。そう、今作も二人プレイすると一人がサポートしたり、一匹ずつポケモンに指示することができ、バトルを優位に進めることができます。また、二人で同時にボールを投げることでポケモンを捕まえやすくなります。ポケモンGOと連携してポケモンの交換をすることも可能!もちろん、ローカル、インターネット通信対戦も可能です。

 

そして今作を語るうえで避けては通れないこと、それはスイッチ画面の解像度を利用した超高画質で立体的なポケモンの世界を冒険できることです。ポケモン一匹を見ても繊細に細かく作りこまれており、バトルアクションも迫力満点です。バトルだけでなく映像だけでも楽しめそうです。

 

発売してさっそくプレイしてみた感想

いきなり驚いたのですが、今作はジョイコンを使います。プロコンは使えないのでご注意ください。操作性に特化されたプロコンが使えないゲームというのも衝撃的ですが(笑)。プレイしてみて驚いたのが草むらや高台の再現度が高く見やすさが段違いですね。ただ、前から言われていたように、ポケモンの捕まえる方法がジョイコンを振る操作が必要になるのでやはりプレイする年齢層は若干低めに設定されているようです。言語設定でも漢字とひらがなから選べるので小学生あたりが中心になるかもしれません。一つ、大きな違いがあります。今までのポケモンでは野性のポケモンと出会ったときは、戦うか逃げるか、捕まえたいときは戦ってHPを減らしてからモンスターボールを投げました。しかし、今作はなんと野性のポケモンとは戦いません。ポケモンGOのようにボールを投げるか逃げるかの2択です。ポケモンと戦うのはトレーナーのみになっています。かなりポケモンGOに似せた構成になっているのは知っておいたほうがいいかもしれません。トレーナーと戦う要素を入れた自宅でするポケモンGOのようなイメージです。

 

これから、じっくりとポケモンの世界を楽しみたいと思います。さっと触ってみたところの感想はこんな感じです。ポケモン初代をもう一度やってみたい人、かわいいポケモンの世界の冒険を楽しみたい人はぜひやってみてください。

数検1級に小学5年生が合格?!彼から将来を考える

驚きというか、衝撃的なニュースが耳に届きました。公益財団法人「日本数学検定協会」が15日に東京在住の小学5年生が、理系大学生が学ぶレベルといわれる数学検定1級に合格したと発表したのです。これは、中学2年という今までの最少記録を更新する大記録だそうです。

 

もう、開いた口がふさがらないとはこのことです。私も理系大学生として線形代数や、微分積分の大学入試レベル以上の数学を勉強してきましたが、大学レベルの数学は高校数学をほぼ完ぺきに理解していてもかなりてこずりましたし、はるかに難しくなります。その大学レベルとされる数学検定1級を

 

高校生が合格?すごっ!

中学生が合格?たまにいるよね、そういう人。

小学生が合格?.....は?

 

率直な感想としてはこんな感じですかね。もう訳が分かりません。考えてもみてください。小学五年生が勉強する分野といえば割合や立体の体積を求めるといったところです。普通なら10年かけて積み上げてきた知識を使って大学数学に挑むところを1年でやってのけてしまったということです。そして合格後に残したコメントがまた、すごい。「これからもその先の数学を学んで新しい定理や予想を打ち立てたい。」といったそうです。小学生のころと言えば、教科書に載っていることはすべて正しい、つぎは何を教えてもらえるのか、と考えるのが普通です。それを通り越して、すでに自分で新しい発見をすることに考えが及んでいることに驚きました。私なんて今でさえ、なんでもかんでも誰かに教えてもらおうとしか考えていません。どこかに答えがある、困ったら手助けをしてくれる、そういった考えに甘んじてしまうのです。しかし、今回のニュースを聞いて、考えを改めなければいけないと思いました。なぜなら、この少年のような考え方ができる人が将来必要とされることになると思うからです。

 

小学生に学ぶ将来必要な人材

近年、AIIOT、ビックデータの普及によって急速に自動化が進んでいます。さらにグローバル化や高齢社会が日本企業の生産拠点の海外進出や外国人労働力の雇用に滑車がかかっています。高い日本人より低賃金で生産できるからです。これにより、日本企業が日本人に求める人材は、言われたことを忠実にこなす人材ではなく、自分で仕事を見つけられる独り立ちした人材だと思うのです。彼のような並外れたレベルには到底届きませんが、自分から動ける人間、その実績作りが将来、就職するときや社会に出たときに役に立つと確信しました。

 

例えば中高生ならば出された宿題だけでなく、自分の弱い分野を補う勉強ができると思います。彼を見習って今こそ動き出しましょう!